デジモン声優・坂本千夏「慣れない」アグモン役20年 “成功”繰り返さない進化論

オリコン

 1999年3月から2000年3月まで放送されたテレビアニメ『デジモンアドベンチャー』。その20年ぶりの完全新作アニメーションとなる『デジモンアドベンチャー:』が、4月5日から毎週日曜午前9時よりフジテレビなどで放送される。先日、都内スタジオで第1話の収録が行われ、八神太一役の三瓶由布子、アグモン役の坂本千夏にインタビューを実施。三瓶は「デジモン世代なので、役作りにおいて個人的な感情を抑えるのが大変でした」、坂本は「アグモンを20年間演じてきた実感がないんですよ。『慣れる』ことがないので、今でも緊張します」「(演技において)良かったことを繰り返したくない。それは、進化をしていないと思うからです」などと語り、デジモン作品に対するそれぞれの思いを明かした。

【画像30枚】「アグモン進化だ!」グレイモンへ進化する貴重なシーン

■デジモン世代の三瓶由布子「感情を抑えるの大変」 役作りは私情との葛藤

 『デジモンアドベンチャー』は、97年6月に発売し累計800万個以上販売した携帯ゲーム「デジタルモンスター」を発祥としたアニメ。異世界デジタルワールドに突如放り出された小学生の太一を含めた8人の“選ばれし子供たち”がデジモンと出会い、仲間とともに成長する過程を描いたストーリー。当時としては珍しい、インターネットやデジタル世界を舞台にした設定が話題となった。

 新作は、第1作と同じく主人公は小学生の太一で、その仲間とパートナーデジモンによる新しい物語となり、時代背景も考慮しながら、デジタルワールドと現実世界がより近づいた今、完全新規ストーリーで届けられる。

 太一役を務めるのは『BORUTO-ボルト-』うずまきボルト役、『キャプテン翼』(第4作目)大空翼役など多くの少年役を担当してきた三瓶。出演が決まった時の心境は「初めて八神太一役をやらせていただくことを聞いた時に『どうなるのかな?』という不安やプレッシャーはありました。第1話は『千夏さんのアグモンの声を聞いたらできる』と、とにかく飛び込む気持ちで挑み、今は地に足が着いた感じです」と収録を終え安堵の表情。

 だが「私はいわゆるデジモン世代なのですが、業界的にも今回のスタッフさんも同じ世代が多い。千夏さんのアグモンの声を聞いたらどうしても自分のミーハーな部分、子どものころの気持ちが出てきてしまうので、それを抑えるのが大変でした(笑)。感動してしまう自分を抑えて、まっさらな気持ちで太一が初めてアグモンと出会う新鮮な驚き、表現をするようにしていました」と個人的な感情が出そうになり大変だったと照れ笑い。

 一方、20年アグモンを演じてきた坂本は新しいパートナーとなった三瓶の声を聞き「男らしかったですよ」とイジリながらも、「第1話の収録はどの作品も緊張するのですが、実はアグモンを20年間演じてきたという実感がないのです」と意外な発言。

 「私はなぜか、どの役に対しても新しい気持ちで挑むことができるんです(笑)。『慣れる』ということがないので、だからこそ同じ役でも緊張することができますし、新しい発見もあるのでいつも楽しめています」と長く続くシリーズでアグモンの声を担当しても常にフレッシュな気持ちで挑んでいると説明した。

■故・藤田淑子さん、花江夏樹…太一役を受け継ぐ「責任」 子どもに見てもらいたい思い

 アニメ『デジモンアドベンチャー』はタイトルを変えながらも20年続いてきたシリーズ作品で、太一役は藤田淑子さん(18年12月死去)が初代、花江夏樹が劇場版(15年~20年)を担当してきた。長く愛されている作品について三瓶は「当時見ていたファンの方々がたくさんいらっしゃいますし、個人的にも多くのファンがいる作品だと知っていました。今回の新たなアニメーションを見た時に『どのような反応をするのだろうか?』と気になる部分が強いので、ワクワクと不安があります」と本音を吐露。また「長く続いている作品と同時に太一役は、違う方が務めてきたこともあり、その中で今回、任せられた責任を強く感じています。バトンを受け取って、今の人たちにデジモンの良さが伝われば良いと思います」と長期シリーズならではの責任を感じていると告白した。 「アグモンを20年演じてきた実感がない」という坂本も「アグモンの役作りは、やっているそばから上書きされていくんです。いろんな設定を聞かされても『へぇ~、そうなの?』という感じなんです(笑)。今回は特にキャストさんや当時の物語と違いますし、『デジモンアドベンチャー』なのですが違う作品として見れているのかも知れません」と話す。

 また、声優業の核にしている部分として「私自身、前のことをなぞったりするのが基本的に好きではないのです。『あれが良かったから、あのやり方でやってみよう』と思う時点で進化していないのではと思うのです。良かったことを繰り返したくない。なので『さっきの演技がよかったな~』と言われてしまうと、非常に困ってしまいます(笑)」と焦り顔。「本当はそれもできなければプロではないのですが、一瞬でも過去にとらわれたくないので、役が上書きされてしまう。ですが、アグモンを演じ続けてきた20年間はなかったことにはできないので、その時、その時、一生懸命やり続けてきた結果がこうしてつながってきたと実感しています」とアグモンとしての20年間を振り返った。

 2人にとって大切な作品『デジモンアドベンチャー』の新作である今作は、特に“子どもたち”に見てもらいたい思いが強いという。坂本は「スタッフさんから『新しい子どもたちに見てもらいたい』と聞いていたので、私も『そうだよね!』と同調しました。子どもたちが見られる時間帯のアニメーションが減ってきている中、子どもたちにとって大切な『友情』や『成長』をテーマにしている作品なので、お送りしなくてはいけないと。当時見ていた方も大きくなり、親子で見ることができる作品でしょうし、親から子へつなぐメッセージもあるのではないでしょうか」と力強く語る。

 続けて「アニメーションは決して大人のものだけではないし、子どものものでもない。それでも、子どもが安心して見られるアニメは個人的には特別です。子どもたちも忙しくなって、朝の9時に自宅にいないかもしれませんが、ビデオで録画してほしいです」としみじみ。

 すると三瓶は「ビデオに時代を感じますね、私もビデオ世代ですが」と時代の流れに笑いながらも「光子郎(※太一の仲間)は初代の時、ノートパソコンを使っていたのですが、今作はタブレット端末を使っています。現実世界においてこの20年間でデジタル製品が進化しており、物語は今の時代にあわせた表現になっているので、20年前の作品をベースにしているのですが今っぽさを感じてもらえると思います」とアピールした。

 「デジタルワールドという身近に入り込めそうな世界観で、『自分もパソコンを開いたら行けるのかな?』という“身近な世界観”が魅力な作品だと思います。『自分ももしかして、選ばれし子どもなのでは?』と感じてもらえれば作品として成功だと思いますし、小学生ならそう考えてしまう世代なので楽しみです」とほほ笑みながら、視聴者とともに新たな“アドベンチャー”を楽しみたいと伝えた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ