冬ドラマ満足度ランキング、『恋つづ』躍進で1位へ 5週連続首位の『テセウスの船』は2位

オリコン

 放送ごとに大きな話題をさらっている今期プライム帯唯一のラブコメドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。3月3日に放送された第8話目が、ドラマ視聴者の満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」(3月3~9日の放送を対象に集計)で100Pt満点中、99Ptを獲得し、冬ドラマ満足度ランキングで初首位を獲得。5週連続で同ランキングトップに立っていた『テセウスの船』(TBS系)は2位となった。

【表】冬ドラマ「満足度ランキング」TOP10

■王道ラブコメの底力を見せつけた『恋つづ』、初回から着実に満足度が上昇

『恋はつづくよどこまでも』の人気が止まらない。円城寺マキの同名漫画(小学館 プチコミックフラワーコミックスα刊)という原作があり、ストーリーがおおむね想像できていながらも、視聴者はポンコツ新米看護師・七瀬を演じる上白石萌音と、超ドS医師・天堂役の佐藤健が織りなす恋愛物語にくぎ付けに。SNSやネット上では、「キュンキュンした」と、毎週のように悶絶、悲鳴の声が上がっていた。

 本作の満足度の推移も、理想的なかたちで上昇していた。2人の出会いと主人公の人物像が描かれた初回は45Ptとまずまずの結果。しかし2話目で、看護師を辞めると落ち込む七瀬に対して天堂が「お前は天堂担だろ」と励ます甘いセリフが大きな話題に。満足度は一気に73Ptまで上昇した。

 その後も、キスをしながらの「これは治療だ」とささやくシーンがTwitterで騒然となった4話目で89Pt。出張先で相部屋となり、寝ている七瀬に天堂がキスをした6話では、「発狂しそう」「このシーン絶対みんな死んだ」という絶叫が飛び交い、満足度は一気に95Ptまで上昇した。

 お決まりの展開で見せるラブロマンスのシーンに対して、視聴者は“待ってました”とばかりに楽しんでいたようだ。

 なお、満足度100Pt満点に足りなかった残り1Ptの項目は、「観た(リアルタイム・録画)」と答えた人の割合を示す「視聴量」で、そのほかの「主演」「主演以外」「内容」「話題性」の各20Ptは満点だった。視聴者からは、「久々の王道ラブストーリーで今期一番心をつかまれたドラマ」(40代女性/奈良)、「毎回キュンキュンしながら見てます」(10代女性/北海道)など、幅広い年代からの支持が寄せられている。

■言葉少なく表情と色気で演じた佐藤健の快進撃

 ドラマの人気をけん引する要因のひとつは、佐藤健の新境地といえる役どころだ。七瀬に冷たく厳しいが、ふとしたときに見せる優しさは「国宝級」。これまでの「天堂担だろ」、「ここを乗り切ったら何でも願いを叶えてやる、キスでもデートでもしてやる」、(キスをしてからの)「これは治療だ」といった甘いセリフの数々に、多くの視聴者は大興奮していた。

 さらに、公式LINEで放送前日にみせた、「明日、夜あけといてね」、「撮影もうすぐ終わるー」などの台詞は、“彼氏感がすごい”と話題に。ドラマをからめた“妄想企画”で、視聴者に一気に親しみやすさも与えていた。

 佐藤健の『恋つづ』での役どころは、基本的に言葉少なく、無言で見返す表情や目を細め見下ろす視線の色気を放出しながら、肝心な場面では不意打ちの接触をしかけて、セクシーな声で決め台詞を口にする。患者への優しさ、仕事にストイックな姿勢、七瀬の様子を遠くから見守る様子も、天堂自身のこれまでの仕事や恋愛への思いから必然的にそうならざるを得なかったことを、その佇まいや背中で演じて見せていた。

 もちろん、上白石萌音の好演も見逃せない。くるくる変わってみせる表情と、身体全体を使って七瀬の豊かな気持ちを、全力で進む姿を演じており、その健気さは視聴者にダイレクトに伝わってくるようだった。

 3月17日放送の第10話(15分拡大)でついに最終話を迎えてしまう『恋つづ』。SNSでは続編、スペシャル版、映画化などの要望が溢れている。すでに「#恋つづロス」状態の視聴者に、いったいどんなエンディングを見せてくれるのだろうか。

●オリコン ドラマバリューとは
オリコングループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ