引きこもり肥満児がヴィジュアル系、そして売れっ子エステティシャンに変貌…その逆転人生とは?

オリコン

 幼少期は引きこもりの肥満児。一念発起してヴィジュアル系バンドでデビューを果たし、今では売れっ子エステティシャン。そんな異色すぎる経歴を持つのが、ヒィロさんだ。彼は一体、どんな逆転人生を歩んできたのか? 「ネガをポジに変えられる」という信念のもと、メソッドを編み出し、“エステ界の異端児”となるまでを聞いた。

【写真】ギャップがすごい!「引きこもりおデブちゃん」からの「ごりごりヴィジュアル系」…ヒィロさんの華麗なる変身ぶり

■不登校の「おデブちゃん」が、まさかのヴィジュアル系バンドでデビュー

――引きこもりの肥満児だった幼少期から、ヴィジュアル系バンド、そして売れっ子エステティシャンという異色の経歴をお持ちのヒィロさん。一体どんな人生を歩んでこられたのでしょうか?

【ヒィロ】勉強熱心な家族のもとで育てられた僕は、そのストレスを食べることで解消し、小4のころには見事なおデブちゃんと化したんです。太っていることでいじめられるようになり、それから4年間ほど学校に行かず、ひたすら家にこもって膝を抱えているような日々を送っていました(笑)。そんな中、偶然テレビで観たヴィジュアル系バンドに衝撃を受けて、「僕もヴィジュアル系バンドマンになる!」と決意し、まずは外見から変わらなくてはと、中3の半ばごろから本格的にダイエットをはじめたんです。

――ダイエットと同時に、不登校も解消したそうですね。

【ヒィロ】「バンドを組むためには高校に行かなければ」と思い、過去の僕を知らない東京の高校に進学しました。高2でバンドを組み、2011年にはメジャーデビューしたのですが、ちょうど東日本大震災と重なった時期で…。僕らは音楽で希望を伝えようと思っていたのに、実際には何もできていない無力感を感じましたね。当時、僕はひたすらカッコつけて自分を飾っていたのですが、そのときにプライドを捨てて、周りの人たちに太っていたこと、不登校だったことを隠さずに伝えたんです。

――反応はどうだったんですか?

【ヒィロ】驚きつつも、そんな自分を受け止めてくれて。ファンの方にも公表したんですが、想像以上に共感の声をいただいて、自信につながりましたね。

■バンド時代、メイクや写真修正で「自分は劣化しないと勘違いしていた」

――バンド活動の最中に美容に目覚めたとか。

【ヒィロ】25歳の頃、改めて自分の顔を冷静に見て「うわっ、老けてる!」とショックを受けたんです。メイクや写真修正でビジュアルを自由に操れていたので、自分は劣化しないと勘違いしていたみたいで。でもそのひどい状態だと、人に夢や希望を与えられない、自分が手本にならなければ! と美容に興味を持つようになりました。SNSでも美容のことを発信したりしていたので、30歳を過ぎたころにはすっかり僕の美容好きキャラも定着していましたね。

――そして、バンドの解散を機に本格的に美容の道へと。

【ヒィロ】さすがに、32歳でニートはパンチあるなと思って(笑)。ずっとバンドしかやってなかったので、まずは資格を取ろうと、半年間で20個ぐらいひたすら資格をとりまくりました。その後は、芸能プロダクションで会社員をしながらインストラクターの資格を取り、半年後には会社を辞めて、表情筋を鍛えるセミナーを行うようになりました。そのとき、直接施術することの楽しさを知って「じゃあ、僕がお店を開けばいいんだ!」と思いたち、数ヵ月後には自分のエステサロンを渋谷にオープンしていました。

――すでに波乱の半生ですが、学ぶことも多かったのでは?

【ヒィロ】バンド時代の僕はかなり尖っていたので、その頃を知る人は今の僕を見たらビックリするかもしれません。当時僕は、不満があると文句を言うような人間で (笑)。そんなんだから、バンドが解散するとともに一斉に人が離れていってしまったんです。でも、社会人経験をしたことでそれまでの自分を反省し、いろんな面で成長することができたのかな。離れていった人も、時間をかけて少しずつ戻ってきてくれました。

――今回著書『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)を出版されましたが、その意図を教えてください。

【ヒィロ】サロンの予約がとれなくなってしまった人へのケアとして、家でもできるものを作りたいと思ったんです。なぜ“30秒メソッド”かと言うと、僕自身がものぐさで、1分でも長いし30秒が限界だと思ったから。ダイエットにしても、いきなりハードルを上げてしまって挫折する人が多いと思うんですけど、この“30秒メソッド”は時間もお金も道具も使わない超初心者向け。必要なのは手だけなので、電車の中でも会社でも、いつでもどこでも何かをしながらでも、簡単にできるから続けられるんじゃないかなと思います。

――手軽なのはありがたいですね。

【ヒィロ】僕が思うに、ジムに通うなどしっかり続けて痩せられる人は2割、残りの8割は僕と同様に時間もお金もかけたくない、続けられない人だと思うんです(笑)。何かを準備したり、着替えたりするのも面倒。「○○しなきゃダメ」と無駄にしばりつけると、それだけでモチベーションが下がってしまうので、面倒なことはすべて排除しました (笑)。

――なかなか画期的な (笑)。

【ヒィロ】美容・ダイエット関連本をたくさん読んできたのですが、やるべきことの理由をわかりやすく伝える必要があると思うんです。この部分をもむのは毒素が溜まる場所だから、血液の流れが細胞を変えるから…など、やるべき理由がわかれば、人は続けることができる。しかも、マニアックではなくとにかく簡潔に伝えることが大事なので、この本ではそこを意識しました。美容業界って、なぜかやたらとハードルを高く見せたがりますけど、僕はその逆。ハードルを極限まで落とすことを心がけるという、エステ界の異端児ですね(笑)。

■不登校の子どもの窓口に…「コンプレックスをさらけ出すことが武器になる」

――先日行われた発売イベントには、幅広い層の方がいらっしゃったそうですね。

【ヒィロ】10代から60代まで、女性だけでなく男性も来てくださいました。60代の女性に「私がやっても効果がありますか?」と聞かれたので、「生きている間は血液が循環しているから、生きてさえいれば大丈夫です」と伝えました(笑)。「もう歳だから」「太り過ぎて手遅れ」とか、みなさん同じようなことを言うんですけど、メカニズムに則ったやり方をすれば、いつからだって変わることはできます。脂肪の燃焼や良質な肌の形成、疲労物質の分解、そのすべてをつかさどるのは血液。血液が潤滑に行き渡ることで細胞が変化する、それを促すのがこの“30秒メソッド”なんです。細胞を変えることが美容や健康につながると考えます。

――イベントには、不登校の子も来たとか。

【ヒィロ】はい。お母さんに連れられて、不登校の男の子も来てくれました。僕自身がこうして変わったということがその子の励みにもなって、美容への窓口になれたようで嬉しかったですね。本にも『ネガをポジに変えられる!!』と書いたのですが、もともとデブで引きこもりだった僕が変われたのだから、いくつになっても誰でも変わることはできる、これは本当に断言できます。

――今後へのお考えを教えてください。

【ヒィロ】正直、今でも僕は外見コンプレックスの塊ですし、いまだにバンドをやっているのも、承認欲求や変身願望があるから。でもこれまでの経験で、コンプレックスをさらけ出すことが武器になると思うようになった。そんな僕だからこそ、美容やダイエットに悩んでいる人、僕と同じように引きこもりの子などに向けて、美や健康、人生におけるトータルサポートをしていけたらいいなと思っています。

(文:星野彩乃)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ