鳥谷がロッテ移籍後初実戦

共同通信

 昨季限りで阪神を退団しロッテに加入した鳥谷敬内野手が17日、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた2軍の巨人との練習試合で移籍後初の実戦に臨んだ。「3番・遊撃」で先発出場して3打数1安打。三回に左前打を放ち「野球ができるありがたさを持ちながら一年間やっていきたい」と再スタートした心境を語った。

 慣れ親しんだ遊撃の守備では四回に三遊間を抜けようかという打球を巧みにさばき、一塁へジャンピングスローしてアウトにした。「1歩、2歩だけカウントに合わせて(三遊間へ)寄っていた。今までやってきた経験が生きたプレー」と満足そうにうなずいた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ