西武、LED照明を確認

共同通信

 西武は17日、今季から照明が発光ダイオード(LED)に変更されたメットライフドームでナイター練習を行った。オープン戦はデーゲームで実施され、日が落ちた後にプレーするのは初めて。選手はそれぞれの守備位置から打球の見え方を入念に確認した。

 金子は、米大リーグのレッズに移籍した秋山に代わって今季から定位置となる中堅で打球を受けた。LEDはグラウンド上を明るく照らす一方で「上の方は暗さを感じた。目を切って打球を追うのは怖いと感じた」と警戒。それでも徐々に慣れたようで「シーズンが始まったら言い訳はきかない。しっかり準備して臨みたい」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ