大泉洋『ハケンの品格』続投決定 舞台出演かぶりも「何としても出たい」スケジュール調整

オリコン

 俳優の大泉洋が、4月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。女優・篠原涼子が主演する13年ぶりの新作で、前作で東海林武を演じた大泉も続投となった。

【写真】新キャストに杉野遥亮、山本舞香ら決定

 同ドラマは篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、『平成』から『令和』へ時代を移して再び活躍。これまで、新メンバーとして杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、塚地武雅、伊東四朗のほか、13年前の前作と引き続き小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔の出演が発表されていた。

 前作ラストで名古屋支店へ異動になり、大前春子との恋の行方も不透明なままだった東海林。13年の時を経た今、一体どんな関係になっているのか。「とっくり!」「くるくるパーマ!」と、当時も話題になった春子との掛け合いに注目だ。

 大泉は「続編のお話をいただいた時には既に舞台の出演が決まっていまして…。しかし『ハケンの品格』は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなどいろいろ調整し、何とか出演できる事になりました」と参加がかない、安堵している様子。

 「確か前作の時も舞台とスケジュールがかぶっていたような気がします。不思議な話ですが、なんであれまた出演させていただけるのは光栄ですし、13年ぶりにまた皆さんにとお会いできると思うと今からとても楽しみです」と胸を高鳴らせ、「台本を見る限りまた篠原さん演じる大前春子とやり合う事になりそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください」とアピールしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ