亀梨和也“野球界のキムタク”長男とトーク 若き日の葛藤明かす「尖っていたって言われるけど…」

オリコン

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、18日放送の日本テレビ系バラエティー番組『衝撃のアノ人に会ってみた!』(後7:00)に出演。現役時代には日本代表としてオリンピックで銅メダルを獲得するなど、“野球界のキムタク”として人気を博し、2010年にくも膜下出血のため37歳で急逝した木村拓也さんの長男と対面する。

【番組カット】番組には石川遼も出演

 当時巨人に所属していた木村さんは、試合直前の練習中、くも膜下出血で倒れ、帰らぬ人となった。当時10歳だった木村さんの長男は、父の追悼試合で始球式のピッチャーを担当。その後、父の背中を追いかけて野球を続けていた。あれから10年、20歳になった木村さんの長男に、桝太一アナと亀梨が会いに行く。

 実家に飾られている父の貴重な思い出品々を見ながら、父の思い出を語る長男。さらに、ほかの子どもたちも登場すると、その成長ぶりに桝アナと亀梨は目を見張る。そして、3人が墓参りに向かうと、墓石にはある言葉が刻まれており、長男は「この言葉に助けられることが多い」と語る。スタジオゲストのIMALUは、木村さんの長男と自身の境遇を重ねて「最初の頃、親のおかげでいきなり大きな番組に出させてもらったり、ついていけない。すごくギャップがある」と二世の苦労を明かす。

 また、スタジオ出演者たちが自身の20歳の頃を振り返り、亀梨が「すごく悩んでいた」というKAT-TUNでの活動について「尖っていたって言われるけど、そうしていないと訳が分からなくなる」と、環境の変化に戸惑っていたことを告白。霜降り明星・せいやは、粗品にコンビ結成を誘われたのが20歳の頃だったが、当時学校の教師を目指していたため、結成を悩んでいたところ、あることに気づいたという。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング