渡邊圭祐、謎多き役で生瀬勝久と再共演「自分自身とても楽しみ」 平野文はおばあちゃん役オファーに驚き

オリコン

 俳優の渡邊圭祐がTBS系4月期の金曜ドラマで綾野剛&星野源がW主演する『MIU404』(毎週金曜 後10:00)に出演することがわかった。犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル『機動捜査隊』(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す一話完結のオリジナル作品で、綾野剛と星野源演じる主人公たち“4機捜”のメンバーを取り巻く重要なキャラクターの1人として金井勇太、生瀬勝久と共に出演する。

【全身カット】破天荒な“機捜バディ”としてW主演を務める綾野剛&星野源

 渡邊が演じるのは、自ら“特派員REC(レック)”と名乗り、運営するWEB動画チャンネルで興味のあるネタに妄想を絡め、面白おかしくニュース調に配信。ゴシップ的な動画を配信していたら、やがて“4機捜”の存在を知ることになり、深く関わっていくという役どころだ。渡邊はテレビ朝日系『仮面ライダージオウ』の仮面ライダーウォズ/ウォズ役で俳優デビューし、TBS系連続ドラマ『恋はつづくよどこまでも』では、血を見るのが苦手なヘタレキャラの新人看護師役を演じ切った。本作では一変、再びウォズのような存在が謎に包まれた影のある役を演じることとなった。

 金井が演じるのは、第1機捜隊員の糸巻貴志(いとまき・たかし)。防犯カメラ映像の解析やSNSのリアルタイム監視などを職務とし、捜査をサポートするという役どころで“4機捜”のメンバーと関わっていく。金井は山田洋次監督作品・映画『十五才 学校IV』(2000年)の主演に抜てきされ注目を浴び、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画やテレビで活躍し、名演を続けている。

 そして、本作の舞台である機動捜査隊が設置されている刑事部のトップ・我孫子豆治(あびこ・とうじ)をベテラン俳優の生瀬が演じる。架空の設定である臨時部隊“第4機動捜査隊”の設立を承認した重要人物。生瀬は『仮面ライダージオウ』に主人公・常磐ソウゴの面倒を見る“おじさん”こと常磐順一郎で出演。『ジオウ』に欠かせなかったウォズとおじさんの2人が再び共演することとなった。

 さらに、第1話のゲストとしてアニメ『うる星やつら』のヒロイン・ラム役の声優として知られるほか、DJ、ナレーター、エッセイストとしても活躍する平野文の出演も決定。初回で巻き起こる事件のキーパーソンとして、明るく優しいおばあちゃんを熱演する。

■キャストコメント
【渡邊圭祐】
「この度、特派員RECを演じさせていただきます、渡邊圭祐です。彼は謎に満ちていて、この先どうなっていくのか、僕もまだ知りません。今の時代らしく、ライブ配信を生業にするRECが、物語にどのようにからみ影響を及ぼしていくのか、自分自身とても楽しみにしています。皆様に毎週楽しんでいただけるよう、作品の1つのピースとして尽力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

【金井勇太】
「刑事モノのオリジナルエンターテインメント。全角でたった20文字の超難関に挑まんとする最強のチームが集いました。僕は綾野剛さんとは5年ぶり、星野源さんとは17年ぶり(!)の共演で、シーン尻のアドリブが止まりません。撮影はまだ始まったばかり。この先、糸巻くんがどんな形で機捜のみんなをサポートできるか楽しみです。制作陣の『今の、この2020年にお客様が見て満足するものを!」』いう意気込みに強く賛同し、エンターテインメントの底力、機動力をフルに活かしてお届けします」

【生瀬勝久】
「脚本家の野木さん、監督の塚原さん、このお2人に料理していただきます! 麻生さんとのお芝居も楽しみです。のらりくらりやりますよ!」

【平野文】
「驚きました。まさか、このような素晴らしいチームからお声がけをいただくとは。それこそ、『わたくしなんぞで、よろしいのでしょうか』。すると監督の塚原さんは、『私はうる星やつらのビューティフル・ドリーマーを観て、この道に進もう、と決めたのです』。『うる星やつら』は、私の声優デビュー作品です。いただいた台本には、『あ。だからなのか!?』というようなシーンも…。その上、このたびのお役は、実年齢をブンと上回る、ばーちゃんです。あれこれ、驚きました。監督からのリクエストは、思わず心配したくなるような、ばーちゃん。もちろん、声だけでの演技ではありません。メイクさんを始めとするスタッフ陣の職人技に、大いに助けていただきました。果たして…。あとは“塚原マジック”に委ねるだけ、だっちゃ、です!」

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング