与田祐希はドS、小倉優香は下着姿で誘惑… 『ぐらんぶる』登場の女性キャラを紹介

オリコン

 俳優の竜星涼と犬飼貴丈が“裸一貫”でW主演する映画『ぐらんぶる』(5月29日公開)。2人を取り巻く女性キャストとして、乃木坂46・与田祐希のほか、朝比奈彩、小倉優香、石川恋の出演が発表された。大学生活に夢と希望を抱いた男子たちを翻ろうするキャラクター性を紹介していく。

【写真】下着姿で誘惑する小倉優香

 原作は累計発行部数460万部を突破しており、18年7月からはTVアニメ化もされた人気作品。竜星が演じる主人公・北原伊織は大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿。きれいな海とかわいい幼なじみと憧れのキャンパスライフに期待していた。しかし、彼を待ち構えていたのは男ばかりで飲み会の嵐のダイビングサークルで、大学で出会った友人・今村耕平(犬飼)もサークルに加わり“裸”での日々を送ることになる。

 与田が演じるヒロイン・古手川千紗は、伊織のいとこで心からダイビングを愛する大学のマドンナ的存在。伊織と耕平も、千紗の影響でダイビングの魅力に気づくも、バカ騒ぎばかりの2人に対し、千紗は虫けらを見るようにさげすみ、時には白目をむきながら暴れまわるドSな一面も。本作で、映画初出演の与田が、どのようにドSな面を表現するかに注目したい。

 朝比奈演じる古手川奈々華は、与田演じる千紗の姉。重度のシスコンだが、伊織の乱れた生活を心配する面もあり、母親的存在でもある。小倉が演じる浜岡梓は、ダイビングサークル“ピーカブー”の一員でノリの良さとフェロモンで男子学生を魅了。今回、下着姿で伊織を誘惑するような場面カットも解禁になった。

 石川演じる吉原愛菜は、大学デビューを狙った勘違いケバメイクの見た目から“ケバ子”と呼ばれることに。なにかと空回りをする行動も多いが、伊織と耕平と出会ったことでダイビングを始めることになる。

 さらに、伊織と耕平をサークルに誘った先輩たちの場面写真も解禁。昼間は勉学に励むも、夜になると雰囲気が一変。浴びるようにお酒を飲み、野球拳をするという超体育会系男子になってしまう。伊織と耕平はこの洗礼とどう立ち向かうのかも、本作の見どころだ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ