ロッテ・福田秀、会心の一発

共同通信

 DeNAとロッテの練習試合が18日、横浜スタジアムで行われ、ロッテが6―2で勝った。ロッテにソフトバンクからFAで加入した1番福田秀が四回に2ランを放ち、存在感を示した。

 前打者の岡が三塁前にバント安打を決めた直後の初球だった。砂田の138キロの速球を振り抜くと、打球はきれいな弧を描いて右翼席中段へ。「甘い球だけを狙っていた。逃さずに打てたと思う」と胸を張った。

 オープン戦は序盤から打ちまくり、3割7分5厘の高打率を残したものの、終盤の数試合は振るわなかった。「自分は考え込むと思考が複雑になってしまう」と考え方をシンプルにして、久々に快音を響かせた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ