「”男性らしい美しさ”が打ち出せる」メンズメイクの第一人者が語る、男性美意識の変化

オリコン

 10代~20代だけでなく、働く世代からも大きく注目されているメンズメイク。男性向けコスメも続々登場し、肌の調子や清潔感などスキンケアに気を配る男性が増えてきているが、最近では女性と同様に自由にメイクを楽しむ様子をSNSにアップする人も急増中。男性の美意識はどのように変化しているのか? メンズメイクの第一人者であるヘア&メイクアップアーティストの高橋弘樹氏に話を聞いた。

【ビフォーアフター写真】男性が化粧でここまで変わる? 魔法にかかったようなメンズメイクの実例

■世間とのギャップを打開し、メンズメイクの魅力をアピールすることに尽力

 肌が荒れやすく大学生の頃に重度のニキビに悩まされていた高橋さん。肌荒れを隠すためのツールとしてコスメを使い始めたが、当初はメイクすることに対して恥ずかしい気持ちもあったという。

「ドラッグストアで化粧品を手に取って、お会計するときに変な人だと思われないかな…と恐る恐る購入していました。メイクやスキンケアを始めたばかりのころは『男がメイクするなんて男らしくない』などの意見もいただいて。僕自身は肌荒れを隠すためのツールとして化粧品を使っていただけなのにと、世間とのギャップを痛感しましたね。その一方で、自分と同じように悩みを抱えている人がたくさんいることにも気づいていて、男性がメイクをしても違和感のない世の中作りをしようとメイクのプロになる道を選んだんです」

 高橋さんがメイクを始めた頃は「男性がメイクにチャレンジできない」という風潮が強く、“メイクをしている=女性的な雰囲気を持っている”と誤解されることも。この環境を打破するため、半年間で100名以上の男性にメイク体験を行い、SNS等でメンズメイクの気軽さや、男性もメイクで印象がよくなることをアピールしていった。

「女性のメイクは“美しくなる”がゴールですが、男性の場合は“清潔感がアップする”こと。女性のように全体でカラフルなメイクをするわけではないので、ステップが少なく実は手軽に挑戦できるんです。最近は化粧下地と日焼け止め、ファンデーションの役割をひとつで兼ね備えた男性専用のBBクリームなども発売されているので、初めての方でも安心して挑戦できるんですよ」

 高橋さんがセミナーやレッスンで一般男性のメイクをするときは、その人の骨格やライフスタイルに合わせたメイクを心がけているという。

「肌質ももちろんですが、表情のクセなども見極める必要があります。例えば笑う時に眉間にシワを寄せるから部分的に薄く仕上げよう、などですね。実際に男性にメイクをすると、年齢層が高くなればなるほど反応が大きくなります。40~50代の方はナチュラルに若返り効果が出ることに驚いていらっしゃいますね。30代以下の方は自分のさらなる可能性に気づき、『次はこんな感じのテイストでメイクをやってみたい!』とメイクをファッション的に捉えている印象です」

 街なかでも10代~20代を中心に、普段からメイクをしている”メイク男子”と呼ばれる若者たちが増えてきている。男性の美に対する意識はここ数年で「確実に変わっている」と高橋さん。

「今の25歳以下の男性たちは、スキンケアが当たり前になり少しずつメイクを取り入れようとしています。それは女性側の価値観が変わったことが要因のひとつでもあります。K-POPやインフルエンサーの影響で、彼氏がメイクをしていても抵抗ない、やりすぎは嫌だけど肌がきれいな人が好きという方が増えてきているんです。僕らの世代以上では考えられない価値観の違いです」

 SNSの発展により、自撮りをする男子が増えてきたことももうひとつの要因だと高橋さんは考える。

「自分の顔と向き合う時間が増え、カメラアプリのフィルターを通した後の顔のように『肌荒れのない自分だったら』『もう少し目が大きければ』など、メイクというツールを使って加工後の顔を再現しようという美意識が過去と大きく違います」

 そして最近ではMattなど、究極的に自分の美を追い求める男性に注目が集まり、男性の美容系YouTuberも続々と登場。メンズメイクにもさらなる多様性が現れ始めている。

「自分が想像していたよりも遥かに早い段階で女性的な美を求める男性が増えたなという印象です。メンズメイクは美しさをゴールにすると見る人によっては違和感のあるものに見えてしまう可能性もあります。ただ、今の世の中は多様性が重視されているので、性別や国籍に関係なくメイクを楽しめる世界になったら個人的には嬉しいです」

 多様性を享受し、それぞれが自分の求める”魅力的な自分”を求めるという趣旨では歓迎されることだと高橋さん。女性的な顔つきを求めて顔を美しくするだけがメイクではないと改めて強調しつつ、メイクで男性らしさを表現していきたいと語る。

「男性が清潔感、凛々しさ、知性など男性らしさとともに打ち出したい演出ができるのも“メイク”の忘れてはならない要素ですよね。今後もメイクを通して男性のより男性らしい美しさ、魅力を引き出していきたいです」
(文:齋藤倫子)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ