ミキ、今年の『M-1』は「優勝しか狙ってない」 昴生はまさかの『岡-1グランプリ』辞退宣言

オリコン

 お笑いコンビのミキが18日、都内で『マンゲキ発信! BUZZってミキ!』のDVD化を記念してインタビューに応じた。今回のDVDの中でも、芸人仲間たちとともに“漫才愛”あふれるトークを繰り広げている2人だが、年末の漫才日本一を決める『M-1グランプリ』について、2人そろって「今年は優勝しか狙ってない。例年よりも気合入っています。今年は優勝のみ」と宣言した。

【写真】『恋つづ』大反響に笑顔が止まらず…身近な反響を語ったミキ

 弟の亜生が「優勝せえへんかったら? ここで言うたろ」と意気込むも、兄の昴生は下ネタを口走ってしまい「こういう時に下ネタしか思いつかない」と反省しきり。「今年はけっこう、例年よりも見据えているというか、気持ちが入っているので。気持ちが入っているので…」と決意のほどをにじませた。

 賞レースといえば、ナインティナイン岡村隆史がパーソナリティーを務めるラジオ『岡村隆史のオールナイトニッポン』内で、一昨年から行われている「岡-1グランプリ」に、昴生のみが2年連続出場し優勝という好成績を収めている(出場者全員が優勝)。昨年、同大会を取材したORICON NEWSの記者が写真を撮影していると、昴生は「出てけ!」と絶叫していたが、この日も「なんで来るねん。岡-1グランプリはええねん、その質問は受け付けへんよ」とこぼした。

 一方、毎年スケジュールの都合がつかず、ツイッターから感想を届けている亜生は「やっぱり、今年もね…」と兄の3連覇に期待。昴生は「あの空間は世界観が歪んでいるから、僕だけが悪者になっているんですよ」と苦笑い。亜生が「僕はホンマにいつもスケジュールが合わずに家で聞いているんですけど…」申し訳なさそうに明かすと、昴生は「ホンマに、僕『M-1より岡-1頑張ってください』って言われるんですよ」と嘆いた。

 亜生は「僕は毎年ツイッターで参加させてもらっているので、やっぱり岡村さんから固い握手を求められますね」とにっこり。昴生は「僕はなんか予選から出ているみたいになっていますけど、今年は出てない。言っときます。辞退してます。なんか秋口に『2位通過や』って言われたんですよ。上に誰かいるのも腹立つ。だから、今年は辞退。これはデカデカと書いてください」と話すと、亜生が「今年は1位通過で(M-1での)ミルクボーイさんみたいにぶっちぎりの優勝を狙ってもらいたい。『M-1』と並行して、ひとりでの漫才もやってもらって」と呼びかけていた。

 ミキ初の冠番組となった同作では、若手実力派や、フレッシュな若手芸人も多数出演しており、全20回放送された中から、昴生と亜生がそれぞれ思い出に残っている企画コーナーをセレクトし、ベスト5を決定、1位に選ばれた企画を改めて副音声で振り返る。

 またDVDのために新たに撮り下ろしたオリジナル企画も収録し、見どころたっぷりのDVDに仕上がっている。初回限定版は番組から生まれた「FOX EYE」のオリジナルTシャツ付きとなっている。25日に発売される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング