佐藤健、雪代巴は7年間“内包” 初対面の巴・有村架純に「どうしようもない懐かしさを感じた」

オリコン

 俳優の佐藤健が主演を務める大人気シリーズ映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2020年7月3日、8月7日公開)で、かつての剣心の妻・雪代巴を有村架純が演じることが発表された。縁役の新田真剣佑、巴役の有村の出演発表を受け、2012年の第1作から剣心を演じてきた佐藤がコメントを寄せた。

【写真】名場面をプレイバック!『るろうに剣心』シリーズ本編

 本作では、志々雄真実との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

 剣心・佐藤のほか、神谷薫(武井咲)、相楽左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)、斎藤一(江口洋介)のおなじみのキャストは全員続投。シリーズ最恐の敵・縁を新田が演じることが発表されたときには、SNSなどで「縁のビジュアルやばい!」「最高のキャスティング!」などの声も上がった。

 有村が演じる巴は、いまにも消えてしまいそうな弱さと、心の深い所では揺るがない強い意志を持つ女性。剣心が“人斬り抜刀斎”として活動していた幕末に、彼が唯一心を許した存在にも関わらず、自らの手で斬殺してしまい、剣心の十字傷について深く関わっている。さらには、最恐の敵・縁が剣心に復讐を仕掛ける理由にも関係している。

 佐藤は剣心の十字傷について「悲しみの象徴であり、この傷が残り続ける限り、剣心は悲しいんです」と解説。「巴との出会いを経て、その十字傷に殺さずを誓った剣心は、市井の人々の平和を守るため流浪の旅を始めます。これまでの『るろうに剣心』シリーズ3作は、そのような過去を経て流浪人になった剣心の、新たな冒険の物語でした。つまり、それら全てを演じた僕の中には、雪代巴という一人の女性が内包されていました。パート1の撮影初日、鳥羽伏見の戦いで新時代の来訪を悟ったとき、志々雄真実が目の前で自らの愛する女性を斬殺したとき、僕は剣心としての自分を見つめ直そうとする度に、巴を想い、深呼吸をして本番に臨みました」と第1作から巴の存在が心の内にあったと明かした。

 「『The Beginning』の撮影初日、僕の中に7年間内包されていたものが、突如実体を持って目の前に現れました。巴として初めてお会いするはずの有村さんに、どうしようもない懐かしさを感じました。それからの撮影の日々は、つらく悲しくありながらも夢のようで、今思い返しても、あんなにも美しく、そして儚い時間を過ごした経験はありません」と7年間思い続けた存在が目の前に現れた時間を振り返った。

 縁役については「新田さんの目を見た時に、僕はこのるろうに剣心という物語の終幕を受け入れることができました」といい「このシリーズに自分のすべてを捧げることができたと思っています。無事にこの映画が完成し、公開されることを願うと共に、支えてくださったすべてのみなさま、共に闘った仲間たちに心から感謝します」と語っている。

 有村は「どれだけ“るろうに剣心”を愛しているのかというのはひしひしと隣にいて感じました」と佐藤の剣心、そして本シリーズへの思いの強さを実感。「ご自身の中で表現したいものが見えているからこそできることがたくさんあって、それを間近で拝見していると本当に尊敬しますし、あらためてすごい役者さんだなと思いました」と話している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ