松下奈緒『アライブ』クランクアップに涙「ひとまず解散です」

オリコン

 女優の松下奈緒が主演を務めるフジテレビ系木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』最終話(19日放送)を前にクランクアップを迎えた。主人公の腫瘍内科医・恩田心を演じ切った松下は、時折声を詰まらせ涙を浮かべながら「これにて“チームアライブ”、“チームオンコロ”はひとまず解散です。また皆さんとお仕事ができるように頑張ります!」とあいさつを締めた。

【写真】“相棒”木村佳乃もクランクアップ

 日本のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にした同ドラマは腫瘍内科医の恩田心(松下)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)の女性医師2人がタッグを組み、“がん”に立ち向かっていくメディカル・ヒューマン・ストーリー。

 松下の最後のシーンは、病院の玄関からタクシーに乗り、出かけるシーン。最後のカットを撮り終え、「松下奈緒さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手の中、花束を持って登場した髙野舞監督とねぎらいの抱擁を交わした。

 スタッフを前にしたあいさつで松下は「とうとうこの日が来てしまいました」としみじみ。「初めて臨床医の役を頂いて、詳しく伺ってみると“腫瘍内科”という私は知らなかった診療科の先生でした。自分で勉強したりいろいろな方からお話を伺ったりしながらきょうまできて、腫瘍内科を少し理解して、腫瘍内科医の気持ちも少しだけわかり始めたかな、“もっとわかりたい”“もっと知りたい”と思い始めたら終わってしまいます。このままいろんな患者さんをみたいと思うし、もっと皆さんとご一緒したかったのでさみしいです…」と名残惜しそうにコメント。

 「恩田心を演じる上で、迷ったり悩んだりすることもありましたが、現場にいくと悩みが解決されました。心は皆さんが支えて作って下さったと思います。私は一生懸命やるだけで、自然と恩田心になれる現場でした。『アライブ』の現場は居心地が最高でした」と振り返った。

 続けて「丁寧に生きる人の生き様を感じられる作品に関わることができて幸せでした。命をテーマに扱う作品なので、『暗く重くならないように、毎日笑顔で楽しく頑張ろう』と撮影が始まる前は意識していましたが、そんな心配がいらないくらい現場の皆さんがいつもあたたかくてこんなに楽しくていいのかなと思うほどでした。共演者の皆さん、スタッフの皆さん、ここにいらっしゃらないスタッフの皆さん、そして医療監修の先生方、すべての皆さんのおかげでこのドラマは成り立っています。すべての皆さんに感謝したいです」と溢れる想いを伝えていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング