【エール】柿澤勇人、朝ドラ初出演 ミュージカル界から井上希美、小南満佑子も

オリコン

 NHKで30日からスタートする連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか※土曜は一週間の振り返り)の出演者が新たに発表された。今回、発表されたのは、東京に出てきた主人公・裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)が音楽を志すもの同士として仲間になり、良きライバルとなっていく人々を演じる井上希美、柿澤勇人、小南満佑子。3人とも連続テレビ小説初出演となる。

【写真】井上希美、小南満佑子の劇中カット

 同ドラマは、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球選手権大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」など、スポーツシーンを彩る応援歌の数々。戦後、人々を夢中にさせたラジオドラマ『君の名は』『鐘の鳴る丘』『長崎の鐘』『イヨマンテの夜』など、数々のヒット歌謡曲で昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと、妻で歌手としても活躍した内山金子(きんこ)さんをモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語。主人公・古山裕一役を窪田、ヒロイン・関内音役を二階堂が演じる。

 音楽の世界を描くことから、すでに山崎育三郎、吉原光夫、古川雄大ら、ミュージカルの第一線で活躍している俳優たちの参加が続々と決定。主人公のモデルとなった古関さんは、日本での本格的なミュージカルの黎明期に、数多くの舞台の音楽監督をつとめ、日本のミュージカル発展に大きく貢献した人物でもある。

 柿澤が演じるのは、「丘を越えて」「長崎の鐘」「青い山脈」などの代表曲で知られる、昭和の国民的歌手・藤山一郎をモデルにしたキャラクター、山藤太郎(やまふじ・たろう)役。慶応義塾大学卒業後、音楽学校の声楽科で学び、金を稼ぐため流行歌を歌っているコロンブスレコード所属の歌手だ。

 柿澤は「今回、朝ドラ『エール』に参加させていただくこと、とてもうれしいです。僕が演じる山藤太郎役は藤山一郎さんがモデルとなる人物。昭和の偉大な名歌手です。まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。『丘を越えて』『長崎の鐘』を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました」と、コメント。

 主演の窪田とは過去に共演歴があり、「数年ぶりですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います」と意気込んでいる。

 井上は、主人公・裕一が作曲した「船頭可愛や」を歌う歌手・藤丸(ふじまる)役。藤丸は、げた屋の娘だが、芸者として歌手デビューする「ちょっと、いや、随分と『個性的』な役ですが、ひたむきに、精一杯藤丸を生きて参りますので、どうぞ、温かく見守っていただけたら幸いです」と呼び掛けた。

 小南は、音の良きライバルとなる夏目千鶴子(なつめ・ちづこ)役を演じる。千鶴子は東京帝国音楽学校の声楽科の生徒。ソロリサイタルも開催するほどの実力者。演じる小南自身も「10歳から声楽を学び世界を目指して勉強してきましたので、この役に運命を感じ感謝の気持ちでいっぱいです」と、ぴったりな配役で、「劇中では、幾つかオペラアリアも歌います」と明かしている。

 20日に総合で放送される『もうすぐ!連続テレビ小説「エール」』(前8:15~8:44)では、柿澤と井上の音楽録音の様子も紹介。同番組では、窪田や二階堂のインタビューや森山直太朗&中村蒼対談、森七菜&松井玲奈対談、山崎育三郎が古関裕而記念館(福島市)を訪問した様子なども放送される。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ