ネットの誹謗中傷…川崎希、刑事告訴を取り下げ 女性2人も「深く反省」

オリコン

 元AKB48でタレントの川崎希(32)が20日、公式ブログを更新。インターネット掲示板に自身や家族に対する誹謗中傷した投稿者である2人の女性が書類送検された件について、2人が深く反省している点などから、今回の刑事告訴を取り下げることを報告した。

【画像】アレク&川崎&生まれたばかりの第1子のスリーショット

 川崎は「3月4日にこのブログで書いた、インターネット上での私と私の家族に対する度を超えた誹謗中傷がなされた件について、ご報告します」とし「匿名のインターネットの掲示板に投稿した2人の女性が侮辱罪で書類送検されたことは、すでにお伝えしましたが、2人とも、検察庁での取調べに対しても、警察のときと同じように、自分が書き込みをしたことを認め、私と私の家族を傷つけてしまったことについて深く反省し、二度とこのようなことはしないと言っていると聞きました」と現況を報告。

 続けて「弁護士の先生によれば、担当の検察官も、今回の書き込みが侮辱罪の犯罪行為に該当すること、そして、匿名のインターネットの掲示板で芸能人を対象とした悪意ある書き込みが横行すれば、芸能界のみならず、社会一般へも大きな影響を与えるということについて、理解を示してくださったということです」と伝えた。

 「誰に書き込みされているかわからない不安なところから、私と私の家族の名誉や安全を守ろうと決心し、裁判所を通じて、書き込みをした人の名前と住所を開示してもらった上で刑事告訴を行いましたが、ここまで、刑事事件として対応してくださった警察・検察庁の方々に感謝しています」といい「悪意に満ちた誹謗中傷の匿名の書き込みをして、『他の人も書いているし大丈夫だろう。バレないだろう。』などということは決してないことが、明らかになり、よかったと思います」と思いを記した。

 今回の件について「私は、書き込みをした人に対して、罰したいという気持ちがあったわけではなく、悪意ある書き込みをすれば刑事罰が科されるということをわかってもらい、きちんと反省して、今後は二度とこのようなことをしないと思ってほしいと考え、刑事告訴に踏み切りました」と改めて、今回の行動を説明。

 現在は書き込みのあったスレッドが完全に閉鎖されたとし「書き込みをした2人も深く反省していると聞いています」とつづり「また、匿名掲示板であっても、悪意のある書き込みをした人の住所や氏名は手続きをすれば開示され、刑事事件としても取り扱われ、取調べを受け、刑罰を科される可能性があることを、2人は十分に認識したと思いますし、私がこのブログでメッセージを発信したことにより多くの方々にも認識いただけたと思います」と記した。

 今回の自身の行動は「私自身が時間と労力をかけて手続きを進め、刑事告訴を行ったことの意味は十分にあったと思いますので刑事事件となったことで、今後の悪質な書き込みに対する抑止の効果もあったと思います」とし、今後も「私や家族に対する名誉毀損や侮辱、家族の安全を脅かすような書き込みがなされれば、法律の手続に従って対処していく考えに変わりはありません」と決意を示している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ