『出没!アド街ック天国』放送25周年 “濃いスポット”探しのために2週間ロケハン

オリコン

 今年4月に放送25周年を迎える『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)。“地域密着系都市型エンターテインメント”情報番組としてこれまでにさまざまな街を紹介してきた。変化の激しいテレビの世界で25年続くのは、しっかりと視聴者にコンセプトとブランドを植え付けられた証左だ。これだけ長く愛される番組の制作背景とは? プロデューサーを務める株式会社ハウフルスの増田君儀氏に聞いた。

【写真】25年前…愛川欽也さん&八塩圭子アナや大江アナの号泣など懐かしショットずらり

■ロケハン一回で靴がダメになることも

――ひとつの街を特集するのに、どれほどの制作期間がかかっているのでしょうか?

「約2ヶ月間ほどです。まず、スタッフは、ディレクター、そしてADの3
~4人体制で、2〜3週間くらいロケハンを行います。その間、ずっと街歩きをしているので、靴が一足ダメになったっていう話もあるくらいです(笑)。その中で街の人とも仲良くなって情報を得たり、自分の目で見て『これを取りあげたらおもしろいんじゃないか』というのを探し出していく。その後2週間ほどの撮影に入り、仕上げの作業をするという流れです」

――その街の「ベスト20」を紹介していますが、地元の人も知らないんじゃないかというスポットも取り上げていますね。

「ネットで拾えるような情報もありますけど、実際に街を歩かないとわからないことってたくさんあるんです。一見すると普通の一軒家のような佇まいのお店にも勇気を出して入ってみると、外見からは想像がつかないような展開が待っていることがあります。そこが街歩きに時間を掛ける意義でもありますね」

――これだけ長く続けていると、紹介する「街選び」には頭を悩ませそうです。

「正直悩みます(笑)。毎回会議で1~2箇所、取材する街を決めていくのですが、『話題性』『王道』『タイミング』というものを考慮して、今観てもらいたいと考える“旬な街”を選ぶようにしています」

■アド街は言ってみれば“街の広告屋”なんです

――ゴールデンウィークなどの大型連休の前には東京を離れ、地方も積極的に特集されていますね。

「アド街は言ってみれば“街の広告屋”なので、季節も大きく関係してきます。春だと花が咲き誇る『房総』を特集したり、夏休み前は海沿いの街だったり、冬は温泉特集を観たいという視聴者のニーズも鑑みたりしています」

――面積が広いので、事前のロケ班も大変そうですね。

「地方は泊りがけで取材を行うことが多いですね。それこそ房総とか、埼玉でも秩父とかは。少しでもスタッフの負担が和らぐよう宿泊してもらって、より良いものを撮影してきてもらいたい。コスパは悪くなりますけど、よりリアルな情報を視聴者の方にお届けすることができるのかなと」

――ひとつの街を区間で分けて紹介しているのも面白い試みですよね。

「例えば東京・浅草だと全体を特集しようとすると、ベスト30にしろ、ベスト20にしろ、入るべき老舗とか有名店がありすぎて結果が似たような形になってしまうんです。だったらいっそ街を4月に放送する『浅草雷門』のように細かいエリアで区切って特集しちゃおうと。やっぱり『アド街ならでは』と視聴者に思ってもらえるものをお届けしたいので」

――『アド街』で隠れた人気演出と言えるのが、温泉で女性が入浴するシーン。以前はタオルを巻かずに入浴していたそうで。

「番組が始まった当初、2~3年は丸見えでしたね(笑)。僕も今考えると、よくやっていたなと思うんですけど、その時期まではギリギリ許されていたのかな。今でも温泉のシーンはありますけど、背景がキレイに映るようにと工夫をしています。エロティックから美に移行した感じですね」

■愛川さんが仰った『街を作るのは、建物じゃなく人なんだ』を胸に

――25年やってきた中で転機だと思うところはありますか?

「当初はベスト20じゃなくベスト10の形式でしたし、その後ベスト30に変わった時もあったでも、基本的に大きな軸はブラさずに続いていると思っています」

――「あなたの街の宣伝部長」が愛川欽也さんから井ノ原快彦さんに代わったのは、番組のイメージ的にも大きかったのかなと想像します。

「愛川さんはテレビ東京のメイン視聴者層、年配の方とマッチしていて、固定ファンは確実にいました。愛川さんの半分ほどの年齢の井ノ原さんにバトンタッチしましたが、V6としての活躍はもちろんのこと、ドラマや『あさイチ』(NHK総合)の司会等もやられていて、幅広い層に認知されていたことと、井ノ原さんの明るく親しみやすいキャラクターのおかげで、リニューアル以降も安定した番組づくりが出来ていると感じています」

――これまでに印象深かった放送回を教えてください。

「最近ですと1月に放送した「冬の大洗」(茨城県)ですね。人口およそ1万7000人の街に、あんこう祭りの日は14万人がやってくる。それだけでもトピックスなのですが、アニメ『ガールズ&パンツァー』の聖地として、オタクの方はただ聖地巡礼するのではなく、街の人に会いに来ていて、良い信頼関係を築いているのが趣深かったです。あとは、横浜の黄金町。実は10年前にも企画していたのですが、ようやく念願かなって放送できまして……」

――何が特集できない理由があったんですか?

「ADが当時ロケハンに行ったのですが、早々に『お前、何勝手に撮ってんだ?』と、その筋の方に声を掛けられたことがありまして(笑)。その時は『これは特集できないね』と諦めたわけですが、10年の間に高架下の違法風俗店が一掃され、アートの街として生まれ変わったんです」

――今後「こういう企画を作ってみたい」など具体的なアイデアがあれば教えてください。

「以前、愛川さんと大江麻理子アナウンサーがペアだった時期に、実際に街を練り歩きながら放送した回がありました。井ノ原さんとレギュラーでそうしたロケの試みもやってみたいなと思いますね。あと、最近の人気でもある橋本駅、我孫子駅などの『終着駅シリーズ』みたいな「〇〇シリーズ」ももっと展開したい。『街を作るのは、建物じゃなく人なんだ』と愛川さんは仰ってましたが、そこに人々の暮らしがある限り、その街の魅力を伝えていきたいなと思っています」

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ