つんく♂が語る“サブスク全盛時代”の音楽のあり方 近大新入生にメッセージ「聞いた言葉から何を学ぶか」

オリコン

 アーティスト、音楽プロデューサーとして時代を作ってきたつんく♂(51)。14日配信に続き、ORICON NEWSでは文字を打ち込む形式でインタビューを実施。後編では、新たな時代を迎えた音楽の聴き方などを聞いた。

【写真】パソコンに打ち込む形式でインタビューに応じるつんく♂

■ポジティブなスパイラル構築を呼びかけ “手抜き楽曲”に憂慮も

 2019年は流行語大賞に「サブスク元年」がノミネートされるなど、音楽の聴き方が変わり始めた年とも言える。“令和時代の音楽のあり方”について問われると、つんく♂は「キチンとした音楽スパイラルが出来上がれば良いなと思います。CDでも、サブスクでも、昔でいうとラジオでも有線でも、『ベストヒットUSA』でも良いんです。お茶の間はまず音楽を捉えなければならない。そして季節感や思い出と一緒に心に刻み込んでいただく。これはどんな形であれ音楽のあり方の根本ですよね」と説明した。

 続けて「だとして問題はそれをどう作っていくか、です。制作費があって、詞・曲ができて、バックトラックができ、それを今まではレコードやCDとして商品にしてきた。今後はYouTubeなのか、サブスクなのか、オンラインサロンでのみ公開なのか、もしくはさらなるなんらかの方法で音楽が届けられると思われます。無料だったり定額だったりといろんな提供する形があるとして、そこからどう回収するか、それが問題です」と指摘した。

 「安かれは悪かれ、これでは本来ダメなんです。でも、少々荒っぽいのはOKな昨今。それもそのはず、聞く側も『YouTubeでタダやし、そんなもんちゃう?』みたいなことになってるのも事実です。趣味で曲を作ってSNS等にアップして、『いいね』みたいな反応があって、『たくさんの方に聞いてもらえてよかった~』って話は単純にエエ話なんだけど、それだと最初に言った音楽環境の循環が成立してないわけです。それではダメ。そこをどうやっていくかが問題です。本来なら印税や原盤配当などのインカムがあり、それを元手に次の制作費や新人発掘に当てたり、作家に分配したりと市場が成り立つんですが、無料や定額になっていくとインカムが激減するから循環しなくなる」と収益の分配への不安点を語る。

 オリコンの年間ストリーミングランキングを見ると、バンドが上位に連なる。「例えば、バンドマン達なら自分たちで全国ツアーをやればいい。ライブの動員収入も、グッズ売り上げも総計算の収支で黒字ならばOKでしょう。という意味では、サブスクでもYouTubeでもいいから曲を知ってもらって『気に入ったらライブに来てね!』となる」と自身の経験も踏まえ解説。「でも、それはバンドだから成立する。もし、曲を作る人がメンバーにいなかったら、作家はどう回収をするのか。Tシャツの売り上げを分配してくれるの?って話になる。『10曲入りのアルバムうち3曲書いているから、10分の3ね』とか(笑)。そこら辺が見えてこない。作家側への分配スキームがないから、正のスパイラルが成り立っていないんだよね」と持論を展開した。

 さらに「自分が歌手のうちは『ライブで稼げばいいや』と思う。でも、僕みたいに歌えなくなった人間は死活問題。新曲を書くけど、CDが売れないと印税が入ってこない。サブスクで1億(回)再生して、なんぼ入ってくるのかというのが問題だよね。中古車も買えないんじゃないかな」と、つんく♂だからこそストレートに“物言い”をしていた。

 これからの音楽業界が、どうなるのか予測をしてもらうと「どうやって食っていくんだろうね」と短い言葉を紡ぐ。「作るのには、お金がいる。でも、0円みたいな額で曲を作るクリエイター達が出てきている。パソコンの中で、安いソフトを使って、レコーディングしたり、打ち込んだり、雰囲気を作れてしまう。ビリー・アイリッシュみたいに才能があったら突き抜けることもある。10曲連続で話題作を作れるかと言ったら、どうなのか。うちの子どもが10歳の頃友人達とテイラー・スウィフトの新譜を聞いて『昔の方がよかったよね』などと話していたのを覚えている。その動画を見ても「予算もかかっていてよく出来ているのになぁ」と僕らは制作側のフィルターで判断してしまうこともある。しかし、子どもらは鋭く、世の中にあるたくさんの情報から友達同士で良いものを共有しあう。この先、音楽業界は厳しい」と最前線にいるからこそ見えるビジョンを語っていた。

■7年目の近大入学式プロデュース 心に残る言葉を「1つでも覚えてくれれば」

 2025年大阪・関西万博地元パビリオン特別アドバイザーに就任。どんなパビリオンにしたいのか腹案を聞くと「的を絞らないとダメ。意味なく間口を広げたら大変やと思う。ドン・キホーテぐらいまでワクワクさせてくれるならいいけど、6ヶ月で閉まる店に『そこまでやれるかな』」と疑問を呈した。

 目指すのは非日常を誰もが楽しめる空間。「ディズニーランドで、僕はイッツ・ア・スモールワールドが1番、好きなんです。最新系の演出はないかもしれないですが、めっちゃ夢が詰まっている。船に乗って、あのBGMと共に一定時間ののんびりした時間が流れる。(ディズニー)シーのシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジも好き。ジェットコースターなんかは、ディズニー以外にもあるし、どこで乗ってもいい。イッツ・ア・スモールワールドこそが「ああ、ディズニーやな〜」って思う」と力説。「有名なメーカーのパビリオンは最新の技術を見せるのが本質と思う。でも、地元パビリオンはそんなんじゃなくても良いんじゃないかな。ドーンとふんぞり返っていれば。たらふく予算があるなら良いけど(笑)。僕だったら、江戸時代の紙幣やコインを並べて触れるだけでもいい。それを使ってその中で簡単な買い物が出来るとかね。『これが小判か』みたいな感じ。外国人にとってもシンプルが良いはず。たこ焼き触らせるとか、お好み焼きを返すとかでもいいと思うんだよね」と思いを巡らせた。

 つんく♂は2014年から母校の近畿大学で入学式のプロデュースをしており、今年で7回目を迎える。しかしこのたびの新型コロナウイルス感染症が国内で拡大している事から中止と発表された。「新入生やご親族の皆さんの来場は中止になりましたが、入学式自体はネットを通じてみなさまにお届けする予定です。現状はその対応に日々追われておりますが、こんな時だからこそ心に残る入学式となればと学校や在学生らと力を合わせ準備しております」。中止という結果になったが、つんく♂は新入生へ、こうメッセージを送る。「毎年、面白いようにカラーが違う。もう7年目。当時、大学1年生だった子も、とっくに卒業している。今となっては僕の経歴や病気して声帯を摘出した事を知らない子も多いでしょう。そんな彼らに“何を伝えるのか”がテーマ。大学生活最初の第一歩に何を感じてもらうか。有名人だからでなく人生のちょっとした先輩からヒントを得てもらえたらと。」と近大の門を叩く若者に金言。

 そこには自身の体験から来るものがある。「今思ば、その人が誰だったか全く覚えてないけどそれは僕が小学校高学年の頃の記憶。演劇を題材に講演をしに来たおじさんがいた。きっと演出家だと思いますが、覚えているのは「歩くというお芝居」という話。客席から生徒を数名舞台に上げ、買い物用のカバンを持たせ上手から下手に歩いてくださいと指示。一人の生徒は照れくささもあって手を振りながらピースサインを交えながら歩いた。場内爆笑。次の生徒に『芝居をしていると思って自然に歩いてみて』と。小学生に自然に歩くという芝居も難しいが、それなりに堂々と歩いた姿に拍手が起こった。ただ見ていた僕は、よくお芝居やテレビで見るそれとは全然違うなと思っていた。「歩く」という芝居のレクチャーが終わった頃、席に戻ろうとした生徒に『ありがとう。このカバンをあそこに戻してから席に戻ってね』って言って、歩かせた。生徒はカバンを置くとサササッとでステージを降りた。その先生は『最後にカバンを置きに行った時の歩き方こそが自然な歩き方です。これを芝居できるのか、できないのかが、プロか、アマチュアの違い』と。その話だけ、よく覚えているんです」と振り返る。

 それが誰かも覚えていないが、強烈な言葉として今もつんく♂の中に生き続ける。「それって何にでも通じる。『自然って、1番最後に歩いた感じよな』って今も思う。自然に歌うのが、いかに難しいか」。プロデュースする立場になり、その言葉がより生かされている。「あえて歌う時に全然、違うことをわざと注意したりする。新人の場合、下手でも良いからせめて気持ちを込めて歌おうとする。音程だけでも合ってるようにしたい。歌い出しを出遅れたくない。など全て小手先だけのテクニックであって、邪魔な行為です。なので音程を合わせたい時は「歌詞の意味」の話をしたり、変な「感情移入させたくない」時は「リズムが悪い」と注意する。すると結果自然な歌になったりするもんです」。

 つんく♂の中には“歩くというお芝居”という経験が強くイメージされている。「今でも自分の中に残る言葉があったりする。そういうのを1つでも覚えてくれれば」とメッセージを送っていた。

 また、14日公開したインタビュー前編で、つんく♂は絵本のプロデュース構想を説明。双葉社から発売する予定で、子どもだけでなく、パパ&ママへのメッセージが込められた作品になるそう。「“子育て世代にエールを”ではなく、お互いに“称賛し合える関係を”と発信するのが役割かなと思っている」と語っていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ