レキシ、『映画クレヨンしんちゃん』で声優挑戦&劇中にラクガキも登場

オリコン

 アーティスト、俳優、プロデュース…とマルチに活動するレキシが、アニメ声優に挑戦する。書き下ろし主題歌「ギガアイシテル」を提供した『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』(4月24日公開)で、“食料大臣(弟)”役を担当。レキシが描いた期待を裏切らないラクガキも劇中に登場することが明らかになった。

【動画】“野原しんのすけ”のモノマネを披露するりんごちゃん

 シリーズ28作目となる『映画クレヨンしんちゃん』の舞台の始まりは、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダム。ところが地上では時代の流れかめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し地上への進撃を開始する。その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が…!! 一方、しんのすけはひょんことから、描いたものが実現する“ミラクルクレヨン”を手に入れて…。そのクレヨンで描かれた最強(?)のラクガキ、ぶりぶりざえもん、ニセななこ、ブリーフのほぼ四人の勇者が、春日部奪還を目指す。

 レキシが演じる食料大臣(弟)は、墜落寸前のラクガキングダムから防衛大臣によるウキウキカキカキ大作戦や地上の人間たちを見つめている、体がホットドッグであり車でもあるというユニークなキャラクター。コック帽の兄と共に王国の食料事情を考えたり考えなかったりしている。車体を上下に揺らしながら、重低音の響く爆音を口ずさみながら登場し、「超クール!!」が口癖。言葉をなんでもかんでもアメリカナイズするのは、マイアミで描かれたラクガキだからなのかは知る由もない。

 そんな食料大臣(弟)は、しんのすけたちとどう絡んでいくのか? レキシは「声優初挑戦ということで、難しかったですけれども、京極監督にご指導いただきながら楽しくやらせていただきました!」とコメントを寄せている。

 さらに劇中に登場するレキシらしい独創性豊かなラクガキをお披露目。レキシは楽曲制作中、息抜きに描くラクガキもやっぱり埴輪や土偶を思わず描いてしまうという。「大好きなハニワを書かせていただきました。自分も作品に参加できたようで、うれしかったです」。さらにラクガキをみたしんのすけも「さっすが〜レキシさんはラクガキでも期待を裏切らないですな〜! あたまのアフロもイカしてるゾ〜!」と、絶賛している。

 きょう22日に放送されるJ-WAVE『SAISON CARD TOKIO HOT 100』の番組内で、主題歌「ギガアイシテル」のフル尺がラジオで初解禁。さらに、主題歌「ギガアイシテル」のラップパートではlyrical schoolのminanが池田とともにラップを担当していることもあわせて発表された。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ