シム・ウンギョン、鶴瓶とラジオでトーク 山下達郎好きな一面をチラリ

オリコン

 映画『新聞記者』で、日本アカデミー賞史上初となる外国人による最優秀主演女優賞を受賞した女優のシム・ウンギョンが、きょう22日放送のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(後4:00)に出演。映画『閉鎖病棟-それぞれの朝-』で優秀主演男優賞に輝いた、同番組パーソナリティーの笑福亭鶴瓶が「とにかく会って話がしたい」と熱烈オファーし、今回の出演が実現した。

【写真一覧】作品賞受賞に喜びを分かち合う『新聞記者』チーム

 映画『新聞記者』では専門用語に苦労したり「新聞社に見学に行き、猫背でパソコン作業する様子が印象的で演技に取り入れた」といった撮影秘話や、「頭が真っ白になって何を言ったか覚えていない」という第43回日本アカデミー賞授賞式のエピソードを披露。

 9歳から子役として活躍している韓国での話や日本の事務所と契約した3年前から本格的に勉強を始めたという日本語の話など、鶴瓶が“いま、シム・ウンギョンに聞きたいこと”をじっくりと掘り下げていき、収録では日本語特有の「バタバタしている」という表現について盛り上がる場面も。好きなK-POPやJ-POPの話題になると「山下達郎さんなど、80年代のシティポップが好き」と意外な一面も明かされた。

 収録を終えて、2人がコメントを寄せた。

■シム・ウンギョン
今回、鶴瓶さんのラジオに呼んでいただき、話すことが出来てとてもうれしかったです。大先輩にお会いできて、光栄でした。また呼んでいただきたいです、また来ます!

■笑福亭鶴瓶
自分が25歳のとき、海外へ行ってインタビューされたらどうなっていただろうと思います。韓国から日本に来て、知らない土地で、あの落ち着きと精神状態でやれるというのは、親御さんのしつけと周りの環境がすごく良いんでしょうね。ステキな方やったなぁと思います。いい出会いでした。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ