WOWOW、ドラマ撮影中に山火事 2人が救急搬送、山林2.7ヘクタール焼失

オリコン

 WOWOWは22日、自社のサイトを通じ京都府亀岡市の山林でドラマ撮影中に火災が発生したと発表。「多くの関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 同社の発表によると、火災が発生したのは21日午後1時ごろ。製作中のドラマ『薄桜鬼(仮題・未発表)』を同市内の山林で撮影していた。火災が発生した状況について、「撮影用の足場であるイントレを移動する際に、演出のスモークを出すために使用していた炭火ストーブにイントレが接触し、炭火ストーブが転倒。ストーブから散乱した火のついた炭が近くの枯れススキに引火し、延焼した」と説明した。

 午後1時4分に地元消防に通報し、約15分後に消防隊が到着。消火活動にあたり、午後5時50分ごろ鎮火した。この山火事により、約2.7ヘクタールの山林が燃えた。また「制作スタッフ2名が救急搬送されたが、軽症。初期消火時に指に軽い火傷を負ったスタッフは軽傷、煙を吸い込んで喉に違和感を訴えたスタッフは異常なしと診断された」と報告している。

 今後について「WOWOWが製作幹事する作品において、このような事故が生じたことを重く受け止め、体制や準備の不備を徹底的に調査し、行政機関の調査に真摯に取り組むとともに、本作品の制作は一旦中止いたします。今後二度とこのようなことがないよう、再発防止対応をいたします」とコメントしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング