八角理事長が再選へ

共同通信

 日本相撲協会は23日に東京・両国国技館で評議員会を開いて親方10人の新理事を承認し、その後の理事会で理事長を互選する。関係者によると、八角理事長(元横綱北勝海)の再選が濃厚。2015年11月に急死した北の湖前理事長(元横綱)の後を受け継いだ八角理事長にとって、実質3期目に入る。

 八角理事長は大相撲人気を継続させる一方、コンプライアンス委員会を設置して暴力問題などの再発防止に取り組んでいる。新型コロナウイルスに対しても引き続き、対応が求められる。

 1月の役員候補選挙では、6期ぶりに無投票で当選者が決まった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ