美容家・佐伯チズさん、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を公表「この宿命を受け止め…」

オリコン

 美容家の佐伯チズさん(76)が23日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていることを公表した。

【動画】筋萎縮性側索硬化症(ALS)を公表した佐伯チズさん

 佐伯さんは文書を通じ「半年ほど前から右脚に違和感を感じ、昨年末には思うように動かすことができなくなりました。いくつかの病院で精密検査を受けました結果『筋萎縮性側索硬化症・ALS』と診断されました」と報告。

 現在は、自分の力では歩くことが難しく車いすで移動しているとし、「これまでのようにハキハキとお話することも徐々に難しくなってきました」と告白。「想像していたよりも進行が早く、ご期待にお応えできなくなってしまったお客様や、講演会などを楽しみにしてくださっていたファンの皆様には心よりお詫び申し上げます」と伝えた。

 今後については「『ひとりでも多くの方をきれいにしてさしあげたい』という想いは、今の状況下にあっても変わりません。夢は薬。諦めは毒。この宿命を受け止め、病と向き合いながら、私にできる活動を続けてまいります」と決意し、「ALSという病についても、ひとりでも多くの方に知っていただけますように、また近い将来、治すことのできる病となりますように少しでもお役に立てればと思います」と語っている。

 佐伯さんは2003年にディオールを定年退職し美肌師/美容家として独立。執筆活動や、雑誌、テレビ、各種講演などで美容・生活アドバイザーとして活動している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ