弘中綾香アナ、月曜深夜に凱旋『かみひとえ』担当 博多華丸・大吉&ココリコと初タッグ

オリコン

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが、同局のバラエティー番組『かみひとえ』(毎週月曜 後11:15~深0:15※一部地域は放送時間が異なる)のMCに30日の放送分から新加入することが発表された。弘中アナはかつて、担当する『激レアさんを連れてきた。』(毎週土曜 後10:10~11:10※一部地域を除く)が放送されていた、月曜夜に再降臨。既存のMC、博多華丸・大吉&ココリコたちは「おじさん達をひっぱっていって!」と大きな期待を寄せている。

【写真】ドラミちゃんのコスプレで登場した弘中綾香アナ

 同番組は、未来のスター発掘を目的に、芸能人・素人問わず“かみひとえ”な特技を持つ人々を紹介してきた。弘中アナが加わる新年度からは、番組発のオリジナル企画を生み出すために、若手ディレクターがお笑い第7世代を中心とした旬なキャストと一緒にVTRを制作。VTRの企画、撮影、編集を担当したディレクターもスタジオに登場し、華丸・大吉、ココリコはもちろん、弘中アナからの時に厳しいツッコミを受け止めつつ、撮影時の苦労話などロケエピソードを披露する。

 そのVTRを評価するのは、スタジオだけでなく、放送前にテレ朝公式Youtubeチャンネル「動画、はじめてみました」にアップ。ネットでの動画を見慣れた人たちからも事前に評価、意見をもらい、それをスタジオで紹介する。インターネットと地上波テレビ、双方の視聴者が“企画を育てる”システムを導入し、多角的に展開していく。

 30日放送のリニューアル初回の収録では、冒頭、弘中アナが「弘中綾香も参加させていただきます!」とあいさつをすると、すかさず大吉が「参加と言いつつ、センターですけど(笑)」とMC席中央にいることを指摘。「弘中さんの番組のようですが、おじさんたちを引っ張って行ってください!」と、笑顔で突っ込みを入れていた。

 収録後に感想を求められた大吉は「さすがはテレ朝のエース、と言って良いのでしょうか。全く違和感なく入ってこられたと思います。アナウンサーの方でも話していて詰まる時があるのですが、全くないのでさすがだと。コメントの端端もとても面白かったです」と絶賛。

 さらに、「ゲストのタレントさんがVTRを見て『イヤだ〜』と言われるのは、芸人っぽいリアクションで嫌がっているのかな、と今まではスルーしていたのですが(笑)、弘中さんが同じように『イヤだ〜』と言われると、こちらは『あっ』という気持ちになりますね。僕らだけでなく、スタッフ全員の背筋が伸びました。それがわかっただけでも弘中さんの加入は大きかったです」と、意外な(?)“弘中効果”を説明した。

 相方の華丸は「1回目なのに気負いもなく、達者だなと思いました」と持ち上げつつ、「実はそんなに大した番組と思っていないんじゃない? 『残りのVTRどうぞ』とか(笑)」。遠藤章造は「弘中さんが入られると聞いた時に、月曜日の夜11時台は弘中さんが強い!と聞いていたので(『激レアさんを連れてきた。』は以前月曜11時台に放送)。その辺もおんぶに抱っこでお願いしたいです。弘中さんはすごく良いキャラクターの持ち主だと思っています。今日から自分の番組だと思って伸び伸びやっていただければ、と思います(笑)」とすっかり頼りにしている様子。

 田中直樹は「弘中さんが入ることで“テレ朝感”がすごい(笑)。いや、それがうれしいんですよ」と笑わせつつ、「今日が1回目という感じがしませんでした。アナウンサーの方は番組の進行をしなければいけないと思うのですが、僕は弘中さんにはいろいろなことを気にせず発言してもらえたら、と思っています。それが今までになかった『かみひとえ』のテイストになると思いますので」と、期待を込めた。

 4人全員が弘中を高く評価すると、華丸は「リストラにあわないようにしないと。特にMC席の端っこの俺と遠藤君は危ない。怖いよね」と言うと、遠藤も「端っこにいるから、いつ肩をポンポンと叩かれるか分からないですから」と返して笑わせていた。

 そんな4人のコメントを笑顔で聞いていた弘中アナは、初共演となった2組について「ココリコのお二人は小さい頃から番組を拝見していたので、今回ご一緒させていただいて『(自分も)大人になったな』という気がしています(笑)。華丸・大吉さんは“朝の顔”として頑張っていらっしゃるので、こういう本格的なバラエティー番組で共演できてすごく光栄に思いました」とうれしそうに語っていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ