本木雅弘、オーディオドラマで若き日の小澤征爾を演じる「こんな若者がいたんだ」

オリコン

 俳優の本木雅弘が、4月4日放送のニッポン放送開局65周年記念特番『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』(後8:10)に出演。音楽への情熱に満ちた若き日の指揮者・小澤征爾氏を演じる。

【画像】長男・UTAとの親子共演が話題になった広告

 同作は、当時23歳の小澤氏が「外国の音楽をやるためには、その音楽の生まれた土地、そこに住んでいる人間をじかに知りたい」と一念発起、船にスクーターを積み込んでヨーロッパへ単身、修行の旅に向かい、日本人初のブザンソン国際指揮者コンクール優勝、そして、巨匠カラヤンやバーンスタインに認められてニューヨーク・フィル副指揮者に就任するまでの研さんの日々を、生き生きとつづった自伝的エッセイ。

 1962年に音楽之友社から発刊、その後、新潮文庫から再発された本作は、瑞々しい文章や溢れるユーモアがクラシックファンのみならず幅広い読者層の心をつかみ、青春の書として50回弱の重版を重ねる大ベストセラーとなっているが、今回同作のオーディオドラマを放送する。

 本木は、今回の出演にあたって「世界がもっと遠かった時代に、こんな若者がいたんだと驚きました。自ら体験していくこと、感じ入ること、人の心に触れること、ぜひラジオを通して、小澤さんが放つ普遍的な瑞々しさを受け取ってください。本当は丸ごと一冊をみなさんにプレゼントしたい作品です」とコメント。小澤氏も「面白かった! ぜひみなさんにも楽しんでいただきたいです」と呼びかけている。

 同ドラマは、オトバンクとの共同制作によるもので、4月10日からaudiobook.jpより配信も開始する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ