女優・宮城まり子さん死去 93歳 「ねむの木学園」設立

オリコン

 肢体不自由児のための療護施設「ねむの木学園」設立者で女優の宮城まり子さんが21日、悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなった。93歳。27日に同学園の子供たちと教職員のみで学園葬が営まれる。

【写真】お誕生をお祝いされる宮城まり子さん

 宮城さんは1927年生まれ、東京出身。日劇の舞台などで活躍し、1955年には「ガード下の靴みがき」が大ヒット、58年には日本初のカラー長編アニメーション映画『白蛇伝』で声優も務めた。

 68年に「ねむの木学園」を設立。「障がいをもつ子どもたちに教育の場を」という願いを掲げ、絵画・音楽・ダンス・詩・作文・茶道・工芸など感性を育てることを重視した教育を推し進めた。作家の吉行淳之介さんとは94年に吉行さんが亡くなるまでパートナーの関係にあった。2012年に瑞宝小綬章を受章。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ