無観客の場所制し「今回は特別」

共同通信

 大相撲春場所で2場所ぶり44度目の優勝を果たした横綱白鵬が23日、新型コロナウイルス感染拡大により史上初の無観客開催の場所を制したことに「長いような早いような15日間だった。今回の優勝は特別」とのコメントを発表した。感染防止対策を踏まえた日本相撲協会の方針で、恒例の一夜明け記者会見は実施されなかった。

 今場所は協会員に感染者が出れば打ち切りで「それが一番怖かった」と吐露。千秋楽の協会あいさつで、八角理事長(元横綱北勝海)が力士らをねぎらったことに涙したことを明かした。

 大関昇進を確実にした関脇朝乃山に「長くやっていく力がある」とエールを送った。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ