新大関朝乃山、25日に誕生

共同通信

 大相撲の東関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進が、25日午前にエディオンアリーナ大阪で開かれる日本相撲協会の夏場所(5月10日初日・両国国技館)番付編成会議と臨時理事会で正式に決まる。

 決定後、相撲協会は使者を派遣し、大阪市内で昇進伝達式を実施。朝乃山は看板力士としての決意を示す口上を述べる。

 伝達式を控えた力士は前日に取材に応じて心境を語るのが慣例だが、新型コロナウイルスの感染防止策として、相撲協会の意向により24日の報道陣への対応はなかった。伝達式も代表取材に限定される異例の形式。

 朝乃山は春場所で11勝4敗だった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ