ルメール、古川は2週間騎乗なし

共同通信

 日本中央競馬会(JRA)は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドバイ国際競走(中止)に参加するためにアラブ首長国連邦(UAE)に渡航していたクリストフ・ルメール、古川吉洋両騎手、戸田博文、森秀行両調教師のほか厩舎従業員らに対し、帰国日翌日から2週間は競馬場、トレーニングセンターに入らないよう要請したと発表した。

 24日に帰国したルメール、古川両騎手は、25日から4月7日までの間、レースや調教での騎乗はない。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング