あいみょん、3年温めた新曲が『わたナギ』主題歌に「ようやく聴いてもらえる」

オリコン

 シンガー・ソングライターあいみょんの新曲「裸の心」が、4月14日からスタートする多部未華子主演のTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(毎週火曜 後10:00)の主題歌に決定した。

【動画】あいみょんが3年温めた「裸の心」をちょい聴き

 ドラマは、電子書籍サイト『コミックシーモア』発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)を実写化。製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンだが家事が全くできないアラサー独身女性・相原メイ(多部)と、ひょんなことから雇うことになったおじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋)が、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すラブコメディーを展開する。

 主題歌「裸の心」を提供するあいみょんは「この曲ができたのは2017年。いつかいつか、と思っていた楽曲。ようやく聴いてもらえる日が来ました」と大喜び。5月13日に10枚目のシングルとしてリリースされることも決まり、「シングル曲でバラードのリリースは初めてですし、ドラマへの『起用』という形も初めてで、新鮮な気持ちと、緊張してます。でも、楽しみです。沢山の人に受け止めて欲しいなぁ」と期待を寄せている。

 ドラマ主演の多部は「あいみょんさんはとても好きなアーティストさんだったので、今回主題歌を担当してくださると聞いた時は、うれしかったです。素敵な歌詞で、このドラマのどの場面で流れるのかを想像するとワクワクしてきますし、この曲に力をもらいながら、毎日の撮影を乗り越えたいと思います」と意気込んでいる。

 主題歌決定の情報とあわせて、楽曲の世界観を取り入れた新アーティスト写真およびジャケット写真、新曲「裸の心」の一部を視聴できる“very short movie”が公開された。

■あいみょん(主題歌担当)コメント
この曲ができたのは2017年。
いつかいつか、と思っていた楽曲。
ようやく聴いてもらえる日が来ました。
この曲をリリースできることが本当にうれしいです。
もう作詞作曲した時のことや、当時の心情をあまり覚えてなくて、それが理由か分からないけれど、トオミヨウさんから届いたアレンジを聴いて涙が出ました。ツアー中のホテルのベッドで何度も何度も何度も聴いたし、当時の私は一体なにを思ってこの曲を作ったのかを知りたくなりました。
今回シングル曲でバラードのリリースは初めてですし、ドラマへの「起用」という形も初めてで、新鮮な気持ちと、緊張してます。
でも、楽しみです。
沢山の人に受け止めて欲しいなぁ。

■多部未華子(主演)コメント
あいみょんさんはとても好きなアーティストさんだったので、今回主題歌を担当してくださると聞いた時は、うれしかったです。
素敵な歌詞で、このドラマのどの場面で流れるのかを想像するとワクワクしてきますし、この曲に力を貰いながら、毎日の撮影を乗り越えたいと思います。

■岩崎愛奈プロデューサーコメント
毎日を頑張って生きる女性たちの言葉にできない思いを代弁してくれるような、そしてそっと寄り添ってくれるような、そんな楽曲を主題歌にしたいと考えた時、「あいみょんさんしかいない!」と思いました。そしていただいたのがこの「裸の心」。初めて聞いた時、繊細で切ない感情と強くてまっすぐな歌声が、痛いくらいに心に沁みて、思わず涙ぐんでしまったことを鮮明に覚えています。女性ならきっと誰もがこんな気持ちを経験したことがあるはずです。あいみょんさんが、このドラマに鮮やかな彩りをもたらしてくださったことに、心から感謝しています。みなさまも是非お楽しみに!

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング