TBS『感謝祭』新型コロナ影響で初の“特別版” ミニマラソンは赤坂で開催せず

オリコン

 TBSでは、4月4日の午後8時から『オールスター感謝祭2020春』を4時間にわたって生放送することが決定。新型コロナウイルス感染拡大が心配される中、出演者が一同に介する通常とは一味違って「テレビの前から参加できる感謝祭」をテーマに特別版で放送する。

【画像】4月1日から運用されるTBS新ブランドロゴ

 リモコンのdボタンで視聴者もクイズやイベントに参加できるのは『感謝祭』の楽しみ方のひとつだが、今回はそれがパワーアップ。さらに綾野剛、星野源、多部未華子、瀬戸康史賀来賢人、今田美桜、菅田将暉、小松菜奈といった人気俳優たちも参戦する。

 そして、今年の箱根駅伝で総合優勝を果たした青山学院大学から新キャプテンが「ミニマラソン」に参加。恒例の「赤坂5丁目ミニマラソン」も、今回は赤坂では行わないという史上初の超特別版で放送する。

 プロデューサー・成田雅仁氏は「この春で58回目を迎える感謝祭は、新型コロナウイルスに最大限の配慮をし、29年目にして初めて“超特別版”という形で放送させていただきます。今までの『オールスター感謝祭』のスタイルをガラッと変えた形での生放送に向けて百戦錬磨のMC今田耕司・島崎和歌子も気合十分! 今世の中がこのような状況だからこそ、テレビの前の皆さんにも楽しんでいただけるよう『感謝祭』だけの豪華賞品もご用意! 1人でも多くの方に笑顔をお届け出来るよう頑張ります」と意気込み。

 編成部長の・瀬戸口克陽氏も「1991年以来、春・秋の年2回。長い間、TBSの看板番組として多くの方にご覧いただいてきた『感謝祭』を、今年は4時間濃縮の“超特別版”として放送いたします。昨今の状況を踏まえて、これまでとはひと味違う感謝祭をお届けいたしますので、ぜひテレビの前で楽しんでいただけたらと思います。18:30からは『炎の体育会TVSP』を編成いたします。また、深夜の『オールスター後夜祭』に関しては、今回は放送休止とさせていただきます。次回の放送をご期待ください」と呼びかけている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ