劇場版『Fate』第三章が公開延期、直前でお詫び 4・25に変更も「再度変更になる可能性が」

オリコン

 28日に公開予定だった劇場版アニメ『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』の第三章『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」III.spring song』が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府機関の発表、一部映画館の休館などを受け、公開が延期されることが発表された。また、変更後の公開日は4月25日に決定した。

【画像】彼女感あふれるセイバー、間桐桜&遠坂凛

 公式サイトでは「作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には誠に申し訳なく、また、公開直前の発表となり、心よりお詫び申し上げます」とし「尚、政府や関係機関等の今後の発表に伴い、公開日が再度変更になる可能性がございます。予めご了承下さい」と再び公開日が変更となる可能性を示唆している。

 また、前売券については「そのままご使用頂けます」とし「ムビチケカードを使用した座席予約は自動的にキャンセル処理され、お手元のムビチケカードは再度ご利用いただけます。ご購入済の座席指定券(特別映像付き上映回を含む)については、払い戻し手続きを行わせていただきますので購入された劇場にお問い合わせをお願い致します」と説明した。なお、28日に予定していた「特別映像付き上映」は中止すると発表した。

 同映画は、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いたビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』が原作で、その最終ルート[Heaven's feel](通称・桜ルート)を全三部作で劇場版アニメ化したもの。第三章は、三部作の最終章として、聖杯戦争の真実と少年と少女の物語の結末が語られる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ