『全裸監督』は「99%負け戦、玉砕覚悟」…山田孝之がそれでも“逃げなかった”理由

オリコン

 爽やかな好青年からコワモテ闇金社長、おバカな勇者まで、変幻自在にキャラクターを演じてきた山田孝之。そんな彼が、最新映画『ステップ』(4月3日公開)で初のシングルファザー役に挑んだ。実生活でも“父親”であるがゆえに、演じる上では思うことも多かったようだ。今や30代も半ばに差し掛かり、俳優としては充実一途。昨年はNetflixドラマシリーズ『全裸監督』の怪演でも絶賛を浴びたが、実は「玉砕覚悟」で臨んだものだと言う。山田が見据える世界、そして未来とは?

【写真】可愛すぎ! 山田孝之と子どものほっこり抱き着きショット

■実生活でも父親、演じて感じた育児の葛藤と「妻への感謝」

 重松清の人気小説を映画化した『ステップ』。山田は、30歳の若さで妻に先立たれ、生まれたばかりの愛娘・美紀と共に、不器用ながらも一歩ずつ進んでいくシングルファザー・健一を演じる。山田は、「妻を失うということがどういうことなのか、娘を育てるというのがどんな感覚なのか。それを経験してみたかった」とオファーを受けた理由をシンプルに述べる。

 ただ、撮影中はとにかくつらかったと山田は言う。

 「妻を失ってしまったつらさはもちろんなのですが、それに付随して、様々な感情が湧いてくる。自分がいっぱいいっぱいになっているのに、子どもがぐずってしまう。そのときは『なんでここにいてくれないんだよ』という気持ちが出てきてしまうけれど、冷静に考えると『子どもの成長を一番見たかったのは妻なんだ。向こうの方が辛かったはずだ』と思い、踏ん張らなければいけない。その葛藤に苦しむこともあったし、負の感情を持ってしまったことへの自己嫌悪もあります」。
 
 苦しいながらも、小さい娘と共に健一という人物の10年間を演じたことで、改めて子育ての難しさを実感した。「実生活で、育児について『なんでわからないの!』と言われて、『俺だって子育て初めてだし』なんて言っていたのを思い出しました。あとは、やっぱり…妻への感謝は確実に感じました」とはにかんだ。

 物語の中の人物を嘘なく視聴者に届ける――。どんな特異な役柄だとしても、それができるのが山田だ。本作で演じたシングルファザー役にも、圧倒的な説得力が感じられた。奮闘する健一を登場人物はみな温かく見守るが、描かれるのは表面的な“きれいごと”ばかりではない。そこには山田なりのこだわりがあった。

 「唯一見せ方として意識したところです。みんなに優しくされている健一ですが、“頑張っているパパ”という面だけを見せるのは違うと思いました。そんなきれいごとじゃない感情をしっかり出すことが、健一には必要。小学校の先生と対峙して、マイナスな感情を顔に出してしまうシーンは、かなり人間臭い部分が出ていると思います」。

 現在36歳、役者として脂の乗り切った山田。本作でのシングルファザー役から、Netflixで全世界に配信された『全裸監督』まで、近年の活動は非常にワイドで、ファンに驚きとワクワクを与え続けてくれる。

 「30代はめちゃくちゃ楽しかったし、とくにこの5年間は本気でやりたいことをやりました。その中で得たもの、失ったもの、あえて捨てたものがあった。勝手な責任感も芽生え、新たな課題も見えてきた。今は楽しいからやるというより、やらなければいけないことが増えているという状況ですね」。

 やりたいと思ったことをやり尽くしてきたからこそ、見えてきたものがある。具体的な課題については、「複合的なものなので、一つにまとめてコレとは言えない」と話していたが、自身が俳優として感じてきた様々なことを、あとに続く俳優仲間のために形にしていく必要があると思っているようだ。「僕が疑問に感じたことをしっかりとクリアにしていかないと、後輩たちは今後、何もできなくなってしまう。今のままでは作品に集中しきれない。そうなるとクオリティも上がらなくなります。質が上がらなければ世界へは持っていけない。ざっくりというとそんな課題です」と語る。

 こうした思いが、大きな話題を呼んだ『全裸監督』という作品にも結び付いた。

 「世界と言いましたが、僕はハリウッドはまったく意識していません。それは、感覚が違いすぎるから…。でも、アジアやヨーロッパには通じるものがあると思っているので、そういうところにチャンスを広げていくことが大事。その意味では、Netflixというメディアは、全世界配信という大きなメリットがあります。『全裸監督』は題材が題材だけに、正直99%負け戦、玉砕覚悟でやっていました(笑)。宗教的な問題もありますしね」。

■逃げ出しても何も解決しない、だから「今やらなければいけない」

 30代後半は、見つかった課題を一つずつクリアしていく段階に入った。「考えすぎると何もできなくなってしまうから、あまり先のことは考えないようにしています。ネガティブな意味ではなく、『明日死ぬかもしれない』と思って、今やれるべきことをどんどんやっていこうという感覚です」と意欲を見せる。

 やればやるほど課題が見つかり、さらにやることが増える。「正直、全部クリアできないですよね」と苦笑いを浮かべるが、「30代前半のように、詰め込みすぎるのはよくないと思っています。もちろんスピード重視のものもあるけど、もうちょっとゆっくりと絞り込んでやることも必要かな」と、客観的に見ている自分もいるという。

 「でも本当のことを言うと、どこかの島に行って自給自足の生活をしたいんです。10代のころから考えていたことなんですけれどね」といたずらっぽく笑った山田。現実を顧みて、「逃げ出してしまいたい」と思うこともある。「でも、逃げてもなにも解決しないんですよね。僕と同じ思いをする後輩たちが何百人、何千人もいると思うと、今やらなければいけない」と、自らを奮い立たせている。
 
 自分のためでもあり、誰かのためである。まさに劇中、愛娘のために、そして自分自身の成長のために困難に立ち向かっている健一と、現在の山田の姿が重なる。本作が公開されるタイミングについて、「たまたまこの時期になっただけで、大きな意味はないです」と語っていた山田だが、話を聞けば聞くほど、この作品がいま世に出る必然性を感じてしまう。

(文:磯部正和)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング