J1神戸の酒井選手がコロナ陽性

共同通信

 サッカーのJ1神戸は30日、DF酒井高徳選手(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手で感染が確認されたのは初めて。感染経路は不明。

 神戸によると、酒井選手は25日の夜中から38度の発熱で体調不良を訴え、26日に兵庫県内の病院で「急性上気道炎」と診断された。翌日も熱が38度まで上がり、頭と喉に痛みがあった。28日にはにおいを感じないなどの症状があったため、医師の助言により兵庫県内の病院でPCR検査を実施、30日午後に陽性と判定された。現時点で、他の選手、スタッフにコロナ感染症や風邪の症状がある者はいない。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング