平塚、西武園競輪G3が中止

友好紙

■コロナの影響 今節の立川も

 JKAは7日、緊急事態宣言が出された東京、神奈川、埼玉での新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催の中止を次の通り発表した。8日の立川競輪(F1)最終日を中止打ち切り、9~12日のG3「平塚開設70周年記念 湘南ダービー」、16~19日のG3「西武園開設70周年記念 ゴールド・ウイング賞」、9~11日の大宮競輪(F2)、24~26日の立川競輪(F2)、5月1~3日の大宮競輪(F1)。

 競輪開催は各施行者の判断により可否を決めるが、平塚競輪場は全国から来る選手の感染リスクが非常に高く、競輪事業継続に最も欠かせない選手自身を、新型コロナウイルス罹患(りかん)の危機にさらしてまで開催を継続することは、今後の競輪事業存続に大きな影響を及ぼすと判断し、中止とした。また、埼玉県営競輪は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から無観客での本場開催を実施していたが、西武園、大宮は緊急事態宣言の対象区域に指定されたので、本場開催を中止するとした。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング