オリ山本、投球フォーム確認

共同通信

 自主練習を続けているオリックスの山本由伸投手は14日、大阪市内の球団施設で、キャッチボールなどで調整した。ブルペンでは捕手を立たせたまま20球を投げ「投球フォームのチェックや、これまでと同じ体の機能性を上げるトレーニングを重点的に行っている」と球団を通じてコメントした。

 昨季、パ・リーグの最優秀防御率に輝いた21歳の右腕投手。「大変な状況が続くが、今の時間を有効に使って、開幕したときに最高のパフォーマンスをファンの皆さんに見せられるようにしたい」と意気込みを示した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング