阪神の矢野監督、自覚求める

共同通信

 阪神の矢野燿大監督が14日、代表取材に応じ、15日から甲子園球場などの球団施設で自主練習を再開することに「今、やれること、ベストを尽くすということはプロとして必要な部分」とナインに自覚を求めた。監督、コーチは球団の要請もあり、当面励む予定の自主練習には参加しない。

 藤浪晋太郎投手に伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手と3選手が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者として複数人が指定される事態にチームは揺れた。監督は「細心の注意、配慮を持ちながら、チーム全体でスタートしていけるかなと思っている」と複雑な思いをにじませた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング