羽生結弦らがメッセージ動画発信

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本オリンピック委員会(JOC)が会員制交流サイト(SNS)を利用して企画した新たな試みが始まり、フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)ら多くの選手が17日、社会に向けてメッセージを発信した。

 仙台市出身の羽生はJOC公式ツイッターの動画で「どうか不要不急の外出を控え、感染拡大防止のためにご協力をお願いいたします」と訴えた。その上で避難所生活も経験した2011年東日本大震災当時を振り返り「3・11の時の夜空のように、真っ暗だからこそ見える光があると信じています」と願った。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング