感染対策でつば吐きに警告検討を

共同通信

 国際サッカー連盟(FIFA)のドーゲ医務委員長が、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため試合中につばを吐いた選手に警告を出すことを検討すべきとの私案を述べた。27日に英テレグラフ紙(電子版)が伝えた。

 唾液は数時間ピッチに残る可能性があるという。世界各地で中断している公式戦の再開時期が検討されている中、同委員長は「不衛生でウイルスが広がりやすい。これも再開を慎重に考えなければいけない理由の一つ」と語った。(ロンドン共同)

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング