ヤクルト青木、子どもと交流

共同通信

 ヤクルトの青木宣親外野手がこどもの日の5日、中学生以下のファンクラブ会員とテレビ会議アプリを使って交流した。ファンから「私が行った試合は全部勝っています」と言われ「もう全部来てほしいと思った。早く子どもたちがいる場でプレーしたい」と語った。

 当初の予定通りに公式戦が開幕していれば行われる予定だったイベントの代替企画として実現。緊急事態宣言が延長されて自主練習が続き「最近は同じような生活の流れができていたので、子どもたちと話せてすごく楽しかった」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング