阪神ドラ2の井上、下半身を強化

共同通信

 阪神のドラフト2位ルーキー井上広大外野手は、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場での自主練習で、下半身強化に励んでいる。広報を通じて9日までに取材に応じ「打撃で下半身が使えていない感じがある。内野ノックを多く捕って、重心移動を意識してやっている」と課題を口にした。

 大阪・履正社高では、主軸として昨夏の甲子園大会制覇に貢献した。自主練習期間は、鈴木誠(広島)や山川(西武)岡本(巨人)の打撃を動画で研究。下半身の使い方や踏ん張り方などを学び「また新たに気付いたことがあれば取り入れていきたい」と貪欲だ。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング