茅原豪快!!カドまくりV 開設67周年記念 【徳山】

友好紙

 徳山ボート(山口県周南市)のG1開設67周年記念「徳山クラウン争奪戦」の最終日の21日、最終12Rで優勝戦が行われ、4号艇の茅原悠紀(32)=岡山・99期・A1=が豪快なカドまくりを決めて1着。徳山周年は初、通算では18年12月浜名湖周年以来となる6回目のG1優勝を飾った。地元の白井英治が2着、人気を集めた1号艇の井口佳典は3着に終わった。

■ヒーロー

 好相性の水面で真骨頂を見せつけた。茅原が豪快なスピードまくりでライバルたちを粉砕した。「4カドだったし、準優はSが全然届いていなかったので反省点を踏まえてしっかり突っ込んで行こうと。勘通りです」と、4カドからコンマ10のトップSを決めると、迷うことなく1周1Mを攻め抜いてVをつかみ取った。

 徳山周年は今回が初制覇となるが、G1初Vだった12年9月に新鋭王座、17年2月には中国地区選を制しており、今回が当地では3回目のG1V。「引いたエンジンがいいのが大きいけど、徳山は相性がいい。水が合いますね」と、相性の良さを改めて実証した。

 次節に控えるSGオールスター(26~31日、住之江)は自身にとって今年のSG開幕戦。「いつも通り。SGも記念も一般戦も同じ気持ちで集中して走ります」と、平常心を強調しながらも、相性のいい徳山でつかんだVを弾みに、今年も大舞台で存在感を示していく。 (松下 央)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング