阪神・青柳、開幕へ詰めの調整

共同通信

 阪神の青柳晃洋投手が8日、先発登板が予定される9日の練習試合、広島戦(マツダスタジアム)へ「意図した球をバッテリーで投げられるようにやっていきたい」と語った。甲子園球場でキャッチボールやダッシュなどで汗を流し、広報を通じて取材に応じた。

 2日の広島戦ではカットボールやシンカーを有効に使い、4回無失点。先発陣の軸として気構え十分で「同じ投球をしたら打たれてしまう。工夫して投げていきたい」と詰めの調整を進める。

 3日に腰の張りを訴えて途中降板した藤川球児投手は順調に回復しているようで、金村暁投手コーチは「広島で投げる予定」と説明した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング