プロ野球、延長十回打ち切り合意

共同通信

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が10日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルス感染拡大による開幕遅れなどへの今季の特例的な対応として、延長戦を十回までで打ち切ることや、出場選手登録とベンチ入り人数の拡大、トレードなどでの新規選手獲得期限の7月末から9月末への変更で合意した。

 延長戦短縮や登録人数増は、日程過密化などによる選手の負担を軽減するのが目的。出場選手登録は29人から31人、ベンチ入りは25人から26人、外国人選手の1軍登録枠は4人から5人となる。

 選手会はオンラインでの臨時大会で選手の意見を集約、16日に再び事務折衝に臨む。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング