サッカー、大迫に最高評価の1

共同通信

 【ケルン(ドイツ)共同】27日に行われたサッカーのドイツ1部リーグ最終節で、ケルン戦で2得点したブレーメンの大迫勇也が、大衆紙ビルトで最高評価の1を得て今節のベストイレブンに選ばれた。

 大迫は前半に先制点、後半にチームの5点目を決め、同紙は「ブレーメン入団以来、最高の出来」と評した。6―1の大勝で16位に浮上したチームは自動降格を免れ、2部3位との入れ替え戦に回った。

 採点は最高が1、最低が6。専門誌キッカーは2をつけた。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング