外食の田子ノ浦親方に厳重注意

共同通信

 大相撲の田子ノ浦親方(44)=元幕内隆の鶴、本名積山伸一、鹿児島県出身=が夜に外出、飲食したのが発覚し、27日に日本相撲協会執行部から厳重注意を受けたことが28日、関係者の話で分かった。同協会の芝田山広報部長によると、同日に新型コロナウイルスの抗原検査で陰性だった。

 芝田山部長は田子ノ浦親方の外出先が接待を伴う「夜の店」ではないとした。ただ関係者によるとかなりの深酒だったといい、同部長は「泥酔はまずい。自覚のなさというか、浅はかな行動をとってほしくない」と批判。出掛けた時期について、同親方は「場所中かどうか分からない」と明言していないという。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング