ゴルフ、柳沢13アンダーで優勝

共同通信

 男子シニアゴルフの今季ツアー初戦となる「ISPSコロナに喝!!シニア」は31日、静岡県の朝霧CC(6788ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、柳沢伸祐が1打リードの首位から67と伸ばして通算13アンダーの131で優勝した。賞金は500万円。

 河村雅之と篠崎紀夫が3打差の2位、谷口徹ら4人がさらに1打差の4位に入った。

 シニアツアーは新型コロナウイルスの影響で予定より約3カ月半遅れての開幕。大会は検温などを実施した上で無料で観客を受け入れ、この日は539人、2日間で862人が観戦した。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング