HKT48新春座談会 未公開トーク解禁!!

今年は九州ツアーをきっかけに飛躍を目指す(左から)若田部遥、宮脇咲良、兒玉遥、穴井千尋 拡大

今年は九州ツアーをきっかけに飛躍を目指す(左から)若田部遥、宮脇咲良、兒玉遥、穴井千尋

 グループ初の九州7県単独ツアーを敢行中のアイドルグループ・HKT48。彼女たちの奮闘の日々を西スポ読者にお届けする「月イチ活動報告」、2014年初となる今回は、穴井千尋(17)、兒玉遥(17)、宮脇咲良(15)、若田部遥(15)の4人で行った、新春座談会の未公開トークを解禁します。元日の紙面には入りきらなかったエピソードが満載です。 (聞き手、構成・古川泰裕)

 ●濃密な1年

 「2013年で一番思い出に残っていること」という話題の最中、キャップ穴井が天然発言

 穴井「1年間で2回CDデビューしてるんだよね?」

 兒玉「デビューは1回しかできないよ(笑)」

 若田部「『スキ!スキ!スキップ!』(デビューシングル)出したの、去年(12年)ぐらいな気がする(実際は13年3月)」

 兒玉「武道館単独コンサートも去年のことみたい」

 咲良「ほんとは4年ぐらいかけてやることを、1年でぐぁーってやったような感じ」

 穴井「そう、もう詰め詰め」

 兒玉「このあと、どうなるんだろう」

 若田部「『手をつなぎながら』公演なんて、2年前のことみたい」

 咲良「でも今年までやってたんだよ」(2月に千秋楽)

 兒玉「今年やってたの?」

 -先日、キャップは『博多レジェンド』が9月に始まったと間違えていた(正しくは3月)

 咲良「9月?」

 若田部「どうした(笑)」

 ●サプライズ

 -2月は何があったっけ…

 若田部「2月は『手つな』の千秋楽」

 咲良「めっちゃ泣いたなー」

 兒玉「私、泣かなかった」

 咲良「はるっぴ泣かないよね(笑)」

 穴井「うちも泣いてない」

 咲良「2周年(記念特別公演)は泣いた?」

 兒玉「ちょっと。(九州ツアー)発表された時は」

 咲良「あれは泣くよ」

 -HKTには珍しく、本当のサプライズだった

 兒玉「そう!」

 穴井「HKTって、(サプライズ)あるかなって思わせてないから」

 咲良「ないのがサプライズみたいな(笑)」

 若田部「ちーちゃん(穴井)が開演前、『みんなにとっていいサプライズがある気がする』って言ってた」

 穴井「当たったー(ドヤ顔)」

 ●記憶力

 -そうか、2月に『手をつなぎながら』千秋楽でしたか

 咲良「3月は?」

 若田部「CDデビューと『博多レジェンド』公演が始まって、4月は武道館があって…」

 穴井「6月は選抜総選挙?」

 兒玉「5月はあんまなかったのかな…」

 若田部「5月はあれだ、『思い出せる君たちへ』(48グループによる公演のリバイバルコンサート)」

 3人「あぁ~!!」

 穴井「めっちゃ覚えてるね!」

 咲良「なんで? 怖い(笑)」

 穴井「えっ、頭にスケジュール帳あるの?」

 若田部「『思い出せる~』って、もっと最近な気がする」

 穴井「『博多レジェンド』やったよね?」

 若田部「うん、チームHと(朝長)美桜で行ったよ」

 -すごい記憶力。いつもながら頼りになります

 ●兼任

 咲良「4月の武道館コンサートだよ、(兒玉のチームA兼任)発表があったの」

 若田部「指原(莉乃)支配人の就任もだね」

 咲良「(名前が呼ばれて指原が)HKTやめちゃうと思った」

 若田部「泣き崩れたよね」

 穴井「やめるっていうか、AKBに戻るのかと思った」

 若田部「はるっぴの時も泣いてたよね」

 -兼任して、最近はどうですか

 兒玉「楽しいですよ。ずっと兼任してたいと思うくらい。AKBさんを間近で見て学べるし、東京の人に知ってもらえるから、いい機会だなって思います」

 -もう半年が過ぎた

 兒玉「えーっ? 早いよー」

 若田部「最近な気がする」

 兒玉「やっとなじめてきた気がします。最初はやっぱり緊張してしゃべれなかったんですけど、横山チームAになってセットリストも変えたので、レッスンで仲良くなれた気がします」

 ●乗り遅れ

 -一番全国を飛び回っていたのは8月?

 咲良「家がホテル、みたいな感じ(笑)」

 兒玉「今日はどんなホテルなんだろうって楽しみだった(笑)」

 穴井「今、自分が何県にいるのか分からなかった」

 咲良「大阪で、私と(田島)芽瑠と(朝長)美桜とキャップ(穴井)が新幹線に乗り遅れたよね」

 穴井「あ、終わったわと思った(笑)」

 咲良「間に合わなそうな4人が間に合わなかった(笑)」

 ●2周年

 -1周年記念公演と2周年記念公演はどう違った?

 兒玉「思い入れのある曲を、自分たちのステージで歌えたのがうれしかった。1周年は、『ファースト・ラビット』とか『少女たちよ』とか、自分たちの曲じゃなかったから」

 咲良「その時に初めて『初恋バタフライ』披露したんだよ」

 兒玉「初めてオリジナル曲1曲披露したの!」

 穴井「2周年はむしろHKTの曲ばっかりだったよ」

 咲良「すごいことだよね」

 穴井「だって1期生の曲も歌ったんだよ?」

 兒玉「『そこで何を考えるか?』ね」

 若田部「(ステージの)人の多さにもびっくりした」

 咲良「『桜の花びらたち』を歌い終わって、パって後ろ見たらぎゅうぎゅうで…。(メンバー)多くなったなぁ…って思った」

 ●九州ツアー

 -九州ツアー最終日は3月の福岡。それまでに何かの発表もあるかも

 兒玉「ありそう」

 3人「絶対ある」

 咲良「ないとかないよ」

 穴井「みんなにうれしいサプライズがいいな」

 咲良「悲しいのは嫌だ」

 若田部「怒濤(どとう)の3カ月になりそう(笑)」

 穴井「またすぐ過ぎるんだろうな(笑)」

 兒玉「九州の人って、あんまりアイドルとかに敏感じゃないような感じがするんですよ。九州のみなさんに会いに行く機会って、ありそうでなかなかないので、まずは興味をもってもらえたらなって思います。HKT48っていうグループがあって、こんな子がいて、こんな活動をしてますって」


=2014/01/14付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ