稲垣G3通算7度目V 開設69周年記念 【富山】

友好紙

 富山競輪のG3開設69周年記念「瑞峰立山賞争奪戦」は2日、9Rで決勝戦が行われ、稲垣裕之(43)=京都=が番手捲りで優勝。2016年の向日町記念以来、通算7回目の記念Vとなった。

ヒーロー

 まさか、誰がこの展開を予想しただろう。6人が3線に分かれた近畿勢の中で、最も先行はないと思われたシリーズ唯一のS級S班・村上博が打鐘先行。その頑張りを無駄にするわけにはいかない稲垣は最終バックで元砂の捲りに合わせて番手を出る。そのまま押し切って、父の故郷である富山で栄冠を勝ち取った。

 「先行してくれるとは思わなかった。博幸君は冷静に運んでくれましたね」。賛否はあるだろう。人気を集めていたS班選手の捨て身の先行策。しかし、これがハイレベルな近畿勢の結束力ということだ。

 勝った稲垣は、笑顔を封印してきっぱりと言った。「誰もが何でもできて、どんな走りもできる。これが近畿の層の厚さ。決勝で6人が対戦できたのは、みんなが力を付けてきた証拠。みんなが対戦を楽しみにしていて、すごくいい関係で走っている」。この言葉通り、6人は健闘をたたえ合った。

 しかし、まだまだ課題も目標もある。競輪界最強の脇本雄太という圧倒的な存在。番手を回ればG1制覇のチャンスはあるが、付いて行けなければ一転ノーチャンスとなる。「近畿にはものすごい選手がいますからね。年齢的に思うように走れなかった時期はあったけど、もう一回頑張りたい。オールスターにも弾みがつきました」。ともに汗を流してきた同期の村上博がもたらしてくれた復活V。強い男が帰ってきた。 (八手亦和人)

 ◆売り上げ目標達成 7月30日から2日まで開催された富山記念は、4日間で39億2033万円を売り上げ、目標の35億円を上回った。

 ◆決勝上位の次走 (1)稲垣裕之(8月12日~名古屋G1)(2)椎木尾拓哉(8月7日~函館G3)(3)松岡健介(8月12日~名古屋G1)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング