高校球児に「聖地」戻る

共同通信

 雌伏の時を経て、高校球児に「聖地」が戻ってくる。2020年甲子園高校野球交流試合が10日から、兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される。新型コロナ禍で、今春の第92回選抜大会と今夏の第102回全国選手権大会が中止。夢舞台に、再び球音が響き渡る。日本高野連の八田英二会長は「交流試合は日本高野連の挑戦であり、新たな挑戦に向かう高校球児へのメッセージ」と思いを寄せた。

 交流試合には、第92回選抜大会に選出された中京大中京(愛知)など32校が出場。ただ例年とは風情が異なる。優勝校を決めるトーナメント制ではなく、各校が1試合ずつ戦う。前例のない形での真剣勝負だ。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング